映画・テレビ

きみと、波にのれたら

2019/06/23 TOHOシネマズなんばにて鑑賞

Kiminami 多忙により事前情報は全くなし。ただtwitterで湯浅監督の新作をやるというので見に行った。

序盤からあきらかに湯浅演出なんだが、リア充のイチャコラを見せつけられ、俺は一体何を見に来たのかと思ったが、中盤から話が走り始める。もらうだけ、と思ってた人が実はバトンを渡していた。助け、助けられ、思い、思われ、自分のことも、他人のことも決して見えてはいない。だけれども意外と見ている人がしっかり居たり。

なんというか、湯浅監督の作品は構成がしっかりしていて良い。「四畳半神話体系」の終盤で、すべての伏線がバタバタとたたまれて行ってキレイに閉じたときには、思わずTVの前でうへえと声を上げた。

花火集団がちょっと四畳半っぽいな〜と思いながら見ていた。

二人でちょっと笑いながら歌うシーンが、LALALANDっぽくあったが、いいシーンだった。

脚本の吉田玲子、上映されてるガールズ&パンツァー最終章もやってるし、良作名作傑作を量産してる。

奇しくもこの日、水関係の映画を二本見たことになった。この映画、デートで湘南に行くし。

 

| | コメント (0)

海獣の子供

Kaiju 2019/06/23 TOHOシネマズなんばにて鑑賞

すばらしい映画だった。まさに映画、言葉ではなく映像で見るものの内面に変化を及ぼす作品だった。見どころは、と聞かれて答えられる映画は、映画である必要がない。言葉で伝えられないものを伝えるから映画にするのだ。

映像は本当に美しい、演技も良い。なにより五十嵐大介の絵が動いてるのがすごい。途中、アングラードが飯作るシーンで、そういや五十嵐大介、食事シーンもよく書いてたなと思い出す。

ただ後半の構成にやや疑問な点もあった。

これなあ、正直、映画館で見ないと意味ない、まさに”映画”だから、家で50インチの画面で7.1ch環境でも意味がないんだよなあ。ソフトは買うけど・・・う〜ん。20年前、ワンルームマンションでホームシアター構築した経験があるから音はある程度行けるのは確信しているのだが、画面はなあ、それだけの壁を用意するのが難しいのだ。

あと久しぶりにSTUDIO 4℃製作の映画を見た。「スプリガン」「アリーテ姫」「マインド・ゲーム」「鉄コン筋クリート」以来なので、13年ぶりか。ベルセルクとハーモニーが絶賛デスマーチ中で行けなかったのよね。

蛇足

・惑星が受精して細胞分裂するってアニメのシーンが記憶にあるんだが、なんだったろうか。

・受精のメタファーが何箇所かあったのにヒヤヒヤした。

・見ながら、パンスペルミア説〜などと脳内で単語が湧き上がってくるので困った。

・内容的には80年代に流行った思想なんで、通り抜けてきた世代としては面白かった。

・クレジット見て、父が稲垣吾郎であることに気がついたが、ゴローちゃんが演技がうまいのは知ってるので、驚きはない。

| | コメント (0)

プロメア

Promea 2019/06/22 あべのアポロシネマ8にて鑑賞

グレンラガンにキルラキルを足して、パンティ&ストッキング、マジンガーZ(プールが割れてロボが出るところ)、ゲッターロボ(火星開拓用ロボだから)をふりかけた感じか。

面白くはあった。ただ、ちょっと趣味の範疇からは外れていた。根本的に、気合でなんとかする話はだめなのだ(除く、島本和彦)。

私はグレンラガンは好きだった、最終回以外は。特に終盤、偽りの人生から脱出する下り、ヴィラルの「俺も、甘い夢を見たものだな」の辺りは大好きだ。で、なんで最終回がだめだったかというと気合と根性で乗り越えていく話が基本的に趣味じゃないから。種もまいてないのに大木成ってるんだもの。キルラキルは最後まで実に良かった。パンティ&ストッキングは最終回までBD買う気だったが、やめた。これは上記の理由とは違うけど。いや、堕天使が裏切るて。

堺雅人は、自分が信じていることを喋っている時と自分が信じていないことを喋ってるときの違いを、声の演技に乗せられる人なので、まあ素晴らしいよね。今回も最初っから胡散臭い声を出していた。松山ケンイチはちょっとガラッパチさが足りんかった。カミナの兄貴の小西克幸がハマりすぎていただけかもしれないが。

| | コメント (0)

ガールズ&パンツァー最終章2章

Img_5447 2019/06/16 ブルク7にて観賞

あまりにも凄まじいカメラワーク。履帯とサスペンションの動きに、40年近く前、うる星やつらの1話で、だれも戦車の原画書いてくれなくて押井監督自ら書いていた逸話を思い出し、技術の進歩って素晴らしいねと思うなど。

いやもう車長の後方からだったり、車長視点だったりでガメラがグリングリンと動き、戦車は超信地旋回し、砲塔は回り、迫力ある映像なのに敵味方はわかりやすい。これは大洗がバラバラな戦車を使っていることも一助になっているかもしれないが。

BC自由学園のエスカレーター組と受験組の罵り合いも面白い。

後半の知波単学園も成長が著しい。

塔を攻略するヒーロー物から群像劇への転換か。

知波単学園がスピーカーセットアップする際、真空管アンプに電源入れたときみたいなボボって音が鳴ったのは凝っている。

あとラム酒のバカルディがボコルディになってたり。

これ1話作るのに1年半かけてると、6話は6年後、2025年になるんやが・・・

| | コメント (0)

ゴジラ KOM

Gozira
2019/06/01 アポロシネマ8で観賞

と、登場人物がキ○ガイしかいない!

もう怪獣愛にあふれる映画だった。

海底神殿もすばらしい。

| | コメント (0)

ハンターキラー 潜航せよ


320
いい潜水艦映画だった。
変に説明臭くなることなく、潜水艦が魅力的。シールズもあるよ、と。

そしてめっちゃ面白いのに見終わったらスッキリ何も残らない。

さすがスピードの制作陣。

| | コメント (0)

ザ・フォーリナー/復讐者

177420

あれですよ。2年前に映画情報見て、あ、これも日本でやんねえのか。日本の配給会社ほんとクソだなと思ったこれ。やっと公開されましたですよ。

しかしいい映画だった。

ロンドンで中華料理屋を営む中国系英国人クァンの娘がテロリストに爆殺され、ベトナムで米軍特殊部隊に所属していたオヤジの復讐劇が始まる。という話だが、ジャッキーのしょぼい東洋人の老人演技がすごい。そしてだんだん体が動くようになってくる演技がすごい。

主人公クァンの若い頃の写真が80年台前半くらいのジャッキーの写真でちょっと笑った。まあそらそうなんだけどさ。

あとテロリストに人権はない。以上。

| | コメント (0)

運び屋

2019/03/23 TOHOシネマズなんばで観賞

| | コメント (0)

劇場版 幼女戦記

2019/03/09 TOHOシネマズなんばで観賞。

ムーミンの熟練兵っぷりがすばらしい。

敵だけビーム兵器。

| | コメント (0)

備忘録

このブログ、最後は見た映画と読んだ本の記録にしようとしていたはず。
昨年見た映画は、「わかおかみは小学生」と「ボヘミアンラプソディ」くらいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧