« 乙一「箱庭図書館」 | トップページ | 山本弘「UFOはもう来ない」 »

山本弘「去年はいい年になるだろう」

入院中に読んだ積読本3冊目。
心はいつも15才の人のSF小説。
よろしくない未来を改変するため、500万体のアンドロイドが巨大宇宙船兼タイムマシンに乗って現れ、世界の軍事力を無力化、紛争や大きな事件に介入し、おだやか〜な世界を作ろうとする。が。という話。
主人公は山本弘その人で、周辺の人物も実在している人ばかり。
面白い小説だが吹田は壊滅する。
Cvnzk_3usaau7pl


|

« 乙一「箱庭図書館」 | トップページ | 山本弘「UFOはもう来ない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/62843821

この記事へのトラックバック一覧です: 山本弘「去年はいい年になるだろう」:

« 乙一「箱庭図書館」 | トップページ | 山本弘「UFOはもう来ない」 »