« ESCAPE R3.1 2010年型のリアディレイラー調整について | トップページ | 『大砲とスタンプ』1巻 速水螺旋人 »

ESCAPE R3.1 2010年型 リアディレイラー調整後の試走

まあぶっちゃけワイヤーの伸びをほっぽらかしてなんにもしてなかったので、上がずれてただけ。
ピンと張ってH側を調整した。
んで試走。市街地へ行くか、淀川を渡るか海へ行くか、選択肢は4つしかない。

海にした。

大阪人なら知っている、例のやつ。
長いこと湾岸線から見えるこれをUSJの一部だと思っていたので、真相を知ったときには驚愕した。
Imag0063

北港ヨットハーバーから。
Imag0061

おそらくワイヤーが緩みきっていたため、7が8へ8がさらにアウトへ行こうとしていたと思うけど、それは直った。淀川左岸の堤防上の道は路面がガタガタなのが何とかなれば、いいサイクリングコースなんだが。
この時期の自転車は、走ると暑い、止まると寒いで着るものの正解が見えない。

|

« ESCAPE R3.1 2010年型のリアディレイラー調整について | トップページ | 『大砲とスタンプ』1巻 速水螺旋人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/53742995

この記事へのトラックバック一覧です: ESCAPE R3.1 2010年型 リアディレイラー調整後の試走:

« ESCAPE R3.1 2010年型のリアディレイラー調整について | トップページ | 『大砲とスタンプ』1巻 速水螺旋人 »