« 体重の推移を正確に取るのは難しい | トップページ | ESCAPE R3.1 2010年型 リアディレイラー調整後の試走 »

ESCAPE R3.1 2010年型のリアディレイラー調整について

Imsram_x3
やってみた。
まず最初からつまずいた。
スタンドとして使っているミノウラのDS-30BLT。
これはESCAPEの場合、コンポがマウンテンバイク系なのでSRAM 3.0を使用しているため、ケーブルの取り回しが異なっていて、要はトップギアの場合にスタンドがケーブルに触れるのだ。
スタンドとしては使えるけど、これではシフトの調節はできない。

こういうのを買っておくべきだった。残念。

しゃあないので例によってひっくり返して整備。
とりあえずゆるゆるだったケーブルを締めなおし、H側の調整をする。L側は・・・スポークプロテクターに擦れてしゅるしゅる言ってる。
これで一応走れるけど・・・イマイチだ。
調整のために手でクランク回していると、オリジナルホイールのハブの精度が悪いのがよくわかる。
まさかBBのベアリング?どこから振動が出ているのかわからんなあ。

|

« 体重の推移を正確に取るのは難しい | トップページ | ESCAPE R3.1 2010年型 リアディレイラー調整後の試走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/53741757

この記事へのトラックバック一覧です: ESCAPE R3.1 2010年型のリアディレイラー調整について:

« 体重の推移を正確に取るのは難しい | トップページ | ESCAPE R3.1 2010年型 リアディレイラー調整後の試走 »