« “行きつけの店”って、ある? | トップページ | 2011/10/04(火曜日) 日々の記録 »

「花咲くいろは」最終話

良かった。
あるいみ祖母、母、娘の女の三代記でもあり、地方旅館の話でもあり、現代的なのか純粋なのかよくわからん主人公の話でもあり、魅力あるキャラクターに焦点を当てた話でもあり、全体的にボリューム感を出すことに成功している。
それにしても背景が緻密だった。
遠方から入線してくる汽車をずっと遠景で書いてる動画は地味さと大変さのギャップが伺えて面白かった。
あ〜旅に出たい。

一段落したら・・・北陸に旅行しようかなあ。

|

« “行きつけの店”って、ある? | トップページ | 2011/10/04(火曜日) 日々の記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/52893807

この記事へのトラックバック一覧です: 「花咲くいろは」最終話:

« “行きつけの店”って、ある? | トップページ | 2011/10/04(火曜日) 日々の記録 »