« なんちうか | トップページ | さやかのテーマ »

百瀬、こっちを向いて。

中田永一「百瀬、こっちを向いて。」読了。

非常にいい短編集だった。
初めて北村薫や乙一を読んだときのむずかゆさを感じる。
二股かけている命の恩人で幼なじみの先輩のために偽装カップルを演じる表題作の「百瀬、こっちを向いて。」と「小梅が通る」がすばらしかった。いずれもひねった話ではないしキャラクターが奇抜という訳でもない。流麗かつ適度にコントロールされたトーンの文章が、俺のリズムを狂わせ、心を乱す。
正体を知ってから買ったため期待通りだったが、新人だと思って読んだら驚愕したろうな。
「小梅が通る」は下手をすれば嫌みになりそうなところを、きれいに落としている。すばらしい。
正直なところ、結婚してからノベライズしか書いてないからどうなってんだと思っていた。
おそらく、この作家はこういう作品という色が一度付いてしまうと、いろいろと難しところもあるのだろうか。

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
中田 永一
祥伝社
売り上げランキング: 3443

|

« なんちうか | トップページ | さやかのテーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/51288309

この記事へのトラックバック一覧です: 百瀬、こっちを向いて。:

« なんちうか | トップページ | さやかのテーマ »