« 違法操業の中国漁船団、合体して取り締まりに対抗 写真16枚 国際ニュース : AFPBB News | トップページ | 2010/12/25 »

2010年秋アニメ

きわめて特殊な方法で「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」「それでも町は廻っている」「アマガミ」「荒川アンダーザブリッジ2」を見た。
俺の趣味的には終了直前まで「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」が抜きん出ていたが、最終回が良くなかった。ネタとしては海外の連ドラの次シーズンへの引きだってのはわかるけど、それをやって面白いかどうかは別だ。
「それでも町は廻っている」は最終回が良く出来すぎていた。死んだ主人公が天国から残された関係者の反応を見るなんてのは映画でもよくあるネタなんだが、良くまとまっていてオチも良かった。歩鳥のキャラクターも良いし、商店街の日常を舞台にした生活感が、ノーマルな死生観へ自然に繋がるのかもしれない。
「アマガミ」はヒロインごとに印象がまちまちだが綾辻偏とスト子(コメントでスト子スト子と呼ばれていたので覚えてしまったが、いまだ正しいキャラ名を覚えていない)偏がなかなか良かった。七咲も良かった。梨穂子は期待はずれだった。あと妹の友人のシナリオが大化けしたと評判だったが、ゲームやってないのでなんともわからん。そもそも声がアキラ様だったのが・・・
「荒川アンダーザブリッジ2」は面白かったけれど、まあそれだけ。そういうテイストの作品だからしかたない。
正直、PSGはあの最終回でなければBD買おうかという勢いだったがなぁ。グレンラガンも最終回がインフレしすぎて駄目だったんだよなあ。今石監督は最終話の加減がイマイチなのかもしれん。イマイシだけに。

|

« 違法操業の中国漁船団、合体して取り締まりに対抗 写真16枚 国際ニュース : AFPBB News | トップページ | 2010/12/25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/50395061

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年秋アニメ:

« 違法操業の中国漁船団、合体して取り締まりに対抗 写真16枚 国際ニュース : AFPBB News | トップページ | 2010/12/25 »