« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の12件の記事

2010/11/30

気がつけば今年ももう残り一月。

ここ数年、まともに生きている気がしない。

新城カズマ「われら銀河をググるべきや」読了。
あいかわらず衒学的でおもしろい。
2、3目から鱗のポイント有り。
そんなにうまくいかんだろ、なポイントもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WORKING!!

高津カリノ氏のサイトを見た。
あれ?!
ん?!
なんかものごっつい見覚えが・・・
Webコミックが流行した2000年代初頭に読んでたな、このサイト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YAMAKING!

YAMAKING!なるWebラジオにハマっている。
おかしいとは聞いていたが、たしかに広橋涼はおかしい。
特にゲスト無しの回がおかしい。
計算もあるだろうし、作家も付いてるわけだからコントロール
されてるんだろうけれど、ここまで斜めに滑り落ちていく感の
あるラジオは初めて聞いた。

知るべき情報は自然に入ってくる、というのは誰の言葉だったか
忘れたが、押井守がイノセンスの頃くらいに引用していたのは
覚えている。そもそも俺はTVアニメというよりTVそのものを
見ないが、たまさか立ち読みした雑誌であさりよしとおが
今度始まるGAINAXのアニメがすごいと書いていたので
EVAを見たり、ネットのどこかに書かれたワードに引っかかり
灰羽連盟を見たりした。

確かGAINAX制作なのでグレンラガンを見て、その流れ
(小西繋がり)と倉田脚本なのでバンブーブレードを見て
広橋涼という声優を知った。
そもそもTVアニメを見ないので、それまで知ってる声優と言えば
押井ファン故、パトレイバーの時代で止まっており、今の
声優なんぞ、さっぱり知らなかったのだが、この人の声は印象に残った。

ラジオを聞いて、演技ではなく素で変な人だと気づきプロフィールを
チェックしたら、灰羽のラッカもこの人だったとは驚いた。

まあ睡眠導入用に、25年前に聞いてたオールナイトニッポン感覚で
聞いてるから、いつも途中で眠ってしまうのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/21

妹が結婚した。
式場は湊川神社。
私は先年無くなった父親の代理として列に並んだが、七五三の最中とあって人出も多く、かなりの人間に写真を撮られた。
見知らぬ多くの方々にも祝福され、いい結婚式だった。

最大の難点は、花嫁の後ろに着いて歩いているから行列の写真が撮れなかったことだ。
まあ当たり前だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアアース代替素材「中国と共同研究」 経産相  :日本経済新聞

リンク: レアアース代替素材「中国と共同研究」 経産相  :日本経済新聞.

 大畠章宏経済産業相は16日午前の閣議後記者会見で、「中国とレアアース(希土類)の代替材料やリサイクル技術を共同研究したい」との意向を示した。アジア太平洋経済協力会議(APEC)開催中の13日に張平・中国国家発展改革委員会主任と会談した際に、伝えたことを明らかにした。

なんかニュース読んで久しぶりに頭に血が上った。 あほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまに時間が止まっているのかと思うことがある

阪神のオフィシャルサイトにラムのフィギュアが出ているとは・・・
ていうか6月に見逃してた。
「うる星やつら」なんて、連載終了してから生まれた奴が
成人してバリバリ働いてる時代だってのになぁ。
-------------------------------------------------------------
□■
■□ 1.夢のコラボ第2弾☆ラムちゃんフィギュア予約販売開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  \\                        //

   ★☆★ 「うる星やつら×タイガース」コラボ第2弾 ★☆★

          そ の 名 も ・ ・ ・ 
    【【【 子供ラムちゃん 〜 キャッチver. 〜 】】】

         予 約 販 売 開 始 !!

   http://shop.hanshintigers.jp/ad.html?ccd=m10111207

  //                        \\


 記念すべき75周年の節目を迎えた
 阪神タイガースの最強サポーターとして、
 2010年6月に登場した『ラムちゃんフィギュア』♪

 http://shop.hanshintigers.jp/ad.html?ccd=m10111208

 おかげさまで、販売開始当初より、現在も大ヒット中☆


 そしてついに!まさかのコラボ第2弾が実現!!
 今回はなんと、可愛いラムちゃんの「子供時代」を
 フィギュアにしちゃいました!

 もちろん「うる星やつら」高橋留美子先生【公認】の逸品!

 ▽   ▽   ▽   ▽   ▽

 その本体&表情だけでなく、
 台座となっている「砂煙のような雲」
 再現された「タイガースの帽子」・・・・

 など、細部まで、愛くるしさにこだわったフィギュアです!!

 --------------------------------------------------------------
 どんな高い打球でも、ラムちゃんならジャンピングキャッチ♪

 ●子供ラムちゃん 〜キャッチver.〜
   http://shop.hanshintigers.jp/ad.html?ccd=m10111209
 --------------------------------------------------------------
 コラボフィギュア第1弾!!大人ver. のラムちゃんです☆

 ●ラムちゃんフィギュア
   http://shop.hanshintigers.jp/ad.html?ccd=m10111210
 --------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/12

滋賀県寒い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだこの世界?

動画が流出して世論が沸騰、までは攻殻っぽいかなと思っていたが、
ロサンゼルス沖の謎の潜水艦から弾道ミサイル発射に至っては
もはや東のエデンか何かか?という感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テリガン岬

ここではない別な世界の話。

混んでいる狩り場では獣使いはヴァラーの対象外をペットにすべきだとおもふ。
ウサギどうし戦わせるなんて効率わるい。
だから取り合いになるんだよ。

それにしてもカンパニエはまた西サルタバルタが陥落しそう。
ウィン住民はなにやってるんだと人ごとのように言ってみる今日この頃。
積極攻勢してるから自陣の防衛が弱いのだろうか。
攻め込まれる側は、壁パニエのワナに嵌る可能性があるから
やなんだよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別仕立てのRORO船

長らく断続的に某大手メーカーのコイルセンターに来ていたが、
初めて専用のRORO船を見た。
特別仕立ての喫水の浅いRORO船から、これまた専用のキャリアパレット車が
専用のコンテナに収められた数十トンのコイルを運び出してくる。
サンダーバードの世界だ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

asahi.com(朝日新聞社):宇宙戦艦ヤマトプロデューサー西崎さん死亡 船から転落 - 社会

リンク: asahi.com(朝日新聞社):宇宙戦艦ヤマトプロデューサー西崎さん死亡 船から転落 - 社会.

小笠原海上保安署によると、7日午後0時45分ごろ、東京都小笠原村父島の二見港内で、停泊中の船(485トン)から、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサー西崎義展(よしのぶ=本名・弘文)さん(75)が転落。同船から通報を受けた同署の監視取締艇が約15分後に収容して病院に運んだが、死亡が確認された。

・・・・・・・ 30年前から悪評ばかり聞いていた人だが・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

梅田「はがくれ」

何年も前から行こうと思っていて行っていなかった店に行った。
そもそも大阪南部の人間にとっては難波から北側は縁が遠く、なじみがうすい。
梅田の地下なんぞ特に御堂筋の改札から泉の広場、もしくは三番街方面は
中学時分から映画館へ通った道筋なのでよく知っているが、南の方の
ホワイティ方面なんぞは未知の世界である。いわば大梅田地下ダンジョンの
真にカオスな地帯にはいまだ足を踏み入れたことがないのである。
そんなわけで休日、自転車に乗って駅前第三ビル脇の自転車置き場に
自転車を置いて地下2階へ、シャッターが降りた店の多い通りを北へ。
もうちょっと広い店かと思っていたが、カウンターだけのこぢんまりとした
店だった。
生醤油うどんを注文し、待つ事しばし、出て来たうどんの説明を聞き、
麺を一本ずつたぐり上げる。

麺は他の大阪の麺が美味いと評判の店よりも、確かに美味い。
しかしなにより大根おろし、すだち、生醤油の塩梅がすごくいい。
どれも立ちすぎず、かつ役割をきっちりとこなしている。
生醤油はかけまわして混ぜずに食する為、濃淡が生じる。
濃い部分では醤油の風味を感じるが角は立っていない。
薄い部分ではうどん本来の味を楽しめる。
総合的にレベルが高い生醤油うどんだった。

食べ終えて地上に上がり、自転車に乗って走り出すと全身にこそばゆいような
幸福感を感じる。こんなのはセントマグダレンのオリジナルボトルの当たりや
グレンリベットのおそろしく古いのを飲んだときくらいしか感じたことがなかった。
底知れぬうどん屋だ。
全メニュー制覇したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »