« 虐殺器官 | トップページ | ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) »

推定少女

直木賞を獲ってからめっきり佳作になったなぁ、この人は。
桜庭一樹の本は積読にしすぎててわけ判らなくなっている。
どれを買ってどれを買っていないんだが。
しかしこの人も独特だなあ。

|

« 虐殺器官 | トップページ | ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) »

コメント

部屋に本が堆積していく物理的圧迫感はよく話題になりますが、年を経ると何を買ったか自体わからなくなること、確かにありますね。頭の中も整理が必要に。
その点、このサイトなどいかがでしょうか。

http://book.akahoshitakuya.com

読んだ頁数を「メーター」として記録するのに意味があるとは思えませんが、オプションが豊富で今も改定中なので、何かと使いでがありそうです。
私はもう、本も記憶も掘り返す気力が無いので、読んだものをメモしているだけですが(<ダメじゃん)

投稿: SLR | 2010/10/08 19:44

既読本の管理には良さそうですね。
このブログの本来の目的にも合ってそうです。

実は蔵書管理しようとバーコードリーダーも持ってたりするのですが、全然使ってませんw
冷静に考えると、30年前の本なんてISBNが付いてないですしねえ・・・・
最低でも買った本はブログにメモっとかないと、積読本の事故が多すぎます。

投稿: ぱしくる | 2010/10/21 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/49676169

この記事へのトラックバック一覧です: 推定少女:

« 虐殺器官 | トップページ | ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) »