« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の12件の記事

2010/4/13

自転車で行き帰り。
寒い上に意外と疲れる。
まあダイエット目的2/3計画の為にやってるんだから、疲れて当たり前だが。

このところ帰宅するとかならず「三月のライオン」を読んでいる。
島田九段いいなあ。
着想は「将棋の子」からか。
名人の経歴がもろに羽生と谷川のいいとこ取りで笑った。
風貌も谷川のもっさりした髪に羽生のメガネという感じだもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/10

ESCAPE R3.1で事務所へ。
非常に吐きそうだったが20分強で到着。
夜になったら帰宅。

ママチャリより遥かに楽だが、アベレージスピードはママチャリの方が早いような~
だけどタイムはESCAPEの方が早いなぁ。

サイクルコンピューターを取り付ける。
二十歳くらいの頃、ロードですぐ30km/hなんて出た記憶があるけれど、というかMAX50km/hくらい出てたと思うが、この年でクロスだと30km/h巡航でひ~こら・・・いや、あの頃の1.5倍になった体重がすべての根源か。
ていうか30km/hでもけっこう怖い。


3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ
白泉社 (2010-04-09)
おすすめ度の平均: 5.0
5 コラム
5 「生きてる」って 気がするぜぇ
5 タイトル戦に賭した棋士の巻
5 『「生きてる」って、気がするぜぇ』
5 香子さんと、島田八段

帰ったらポストに「3月のライオン」4巻が届いていた。
25本連作CM
http://3lion.younganimal.com/cm/index.html
25歳棋士の方の正面アップが怖い。
ていうか魔太郎、寄り目だろ。
13歳中学生は実演するなw
で、最後はスガシカオなのか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/4/9

24時から飲みに行って帰宅したのが28時すぎ。
そして目が覚めたら眼鏡がなかった。
メガネメガネ・・・・・
飲み過ぎだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/8

桜坂洋著「All You Need Is Kill」がワーナー・ブラザーズで映画化されるとのこと。

なるほど確かにあれなら濡れ場もあるし、いかにもハリウッド映画になりそうだ。
ただ、あの小説で一番感心したのは「あとがき」だったんだよねぇ。
それが映画でどう表現されるか、楽しみではある。
内容はSF戦争物だけどラノベレーベルから出た本が、アメリカで翻訳されていることに驚いた。

ここのところ毎晩2〜3話ペースで見ている「ハチミツとクローバー」
やっとIIシリーズまで進んだ。
鳥取←→東京往復の話だけ、なぜか見たことがあった。
にしても杉田の真山はいいなあ。不安定さの表現がいい。

寝過ごした。
履歴を見ると3時半頃にユニクロのネットショップで買い物をしている。
ううむ、おぼろげに記憶が・・・・・
脳が壊れていく・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/7

お、「ハチミツとクローバー」の後半のED曲、民生じゃん。
バンドだとがぜんユニコーン臭くなるんだなぁ。
しっかしハチクロは、見るまではもっと甘めの、なんちゅうか「水に銀」の少女漫画版と思ってたが、実はけっこう人間関係が面白いな。

おお、20話の森田いいなあ。こいつ見えてるのか見えてないのかよくわからん。
まあ見えてる天然なんだろうが・・・・

21話、藤原兄弟、俺より5cmも背がでけえw
おいぃ?!w
主役の神谷浩史はため息混じりの力ないセリフがすばらしく、杉田智和の自然な声も非常にいい。
絶望先生やキョンの声はたしかにこの二人にしかできんと思うが、しかしながらこやつらの魅力を100%引き出しているとは言いかねるなぁ。

ううむ22話を見ていると、はぐちゃんの声がMAKOのように聞こえてきた。
いかんいかん。
R.O.DのOVAに頃から根谷さんの声が好きだったが、普通の社会人の声でもいいなぁ。
しかしあれだなあ、原田梨花とフルメタのレイスの声は、確かにおなじだなぁw

「とろける鉄工所」
こういう物作り系の体験漫画はおもしろい。

とろける鉄工所(1) (イブニングKC)
野村 宗弘
講談社
おすすめ度の平均: 4.0
4 編集者骨折しろ
4 楽な仕事など無いのだろうけど。
3 製缶工の私も納得
4 編集者の欄外コメントが、漫画を一時停止させる
4 やば…

とろける鉄工所(2) (イブニングKC)
野村 宗弘
講談社
おすすめ度の平均: 4.5
4 安全第一とはならないのか・・・。
4 いろんな意味で相変わらず
4 溶接工の世界
4 面白い
2 微妙なズレ

とろける鉄工所(3) (イブニングKC)
野村 宗弘
講談社
おすすめ度の平均: 4.5
5 北さんの奥さんがカワイイ!
4 微笑ましい
4 編集さんは裏方に徹して下さい
5 やっと☆5をつけられます
4 ハートフルな孤高の溶接漫画

夕方、カタヤマサイクルから電話。
GIANT ESCAPE R3.1 納車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/6

島本和彦の「アオイホノオ」読んで、風景、時代背景ともにわかりすぎて笑えた。
貴志駅前の本屋、一回だけ立ち読みしたことあるなぁ。
1巻冒頭のダイエーは富田林か藤井寺か。
俺も土曜日から出かけて日曜の朝まで映画見て帰ってたなぁ、高校時代。
3番館の三本立て千円を3館見たりとか。シネコンがなくなって2番館、3番館という位置づけの映画館そのものがなくなってしまって悲しい。いまや飛田くらいなのか、な?
近鉄南大阪線の始発で帰ってくるところまで、行動パターンが一緒。
ただ、俺はおなじ映画を連続で見るのは3回と決めていた。
1回目で大枠が、2回目で伏線が、3回目で演出がわかる。
俺は実家が古市なので急行で一駅だったが、大阪芸大はそこでさらに河内長野方面へ各停で一駅行かなきゃならんから、微妙に不便だったろうなぁ。
そういや矢野健太郎の「ネコじゃないモン」にも露骨に石川の河川敷の風景が出てきてて笑えたなぁ。

古市駅前のオクノ書店が潰れて焼き鳥屋になるという話を2ちゃんの街BBSで見た。
栄枯盛衰。
80年代前半は貴重な街の中規模書店として繁盛していたのに。
買う金がないから毎日グインサーガの「風のゆくえ」を立ち読みしてた事があった。
あぁ・・・・アレはもう30年近く前のことか。

アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)
島本 和彦
小学館
おすすめ度の平均: 4.5
5 大阪芸術大学 in ''70s
5 なんとなく買ったら面白かった。
5 青春群像!
4 歴史的な価値のある作品
5 大阪の貧乏アーティストたち
アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
島本 和彦
小学館
おすすめ度の平均: 5.0
5 教育的価値100点満点!若者応援漫画!
4 安彦良和特集やねんで!!
5 恐るべき作品。
5 泥臭い大学生活
4 告白すると・・・
アオイホノオ 3 (少年サンデーコミックススペシャル)
島本 和彦
小学館 (2009-12-12)
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当だ、いつもの感じだね!
5 「バクマン」なんかより、こっちがマジョリティー
5 変なリアルさがたまらない
5 すごい世代だったんだな
4 遂に持ち込み!初ポカリは変な味!


この日の教訓
電子レンジで解凍した肉は不味い。

21時前に事務所を出て、駅前のやまやでグレンリベット18年1Lとミックスナッツを購入。
グレンリベット、1Lなんてあったのか。
帰宅し、冷凍肉を電子レンジの解凍モードで解凍して焼き、バンロックステーションのシラーズを飲む。
肉がスポンジみたいにぱさぱさだった。
23時頃に気を失う。

3時半頃に目が覚め、なんとなく本を読んでいたら6時に。
もう一度寝て7時に起きて風呂に入ったが、なにか中途半端な感じに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「復活してほしい飲み物」1位は 90年に大ヒットしたあの商品 (J-CASTニュース) | エキサイトニュース

リンク: 「復活してほしい飲み物」1位は 90年に大ヒットしたあの商品 (J-CASTニュース) | エキサイトニュース.

男性篇では、5位が同率で日本コカ・コーラ「チェリーコーク」とダイドードリンコ「ミスティオ」(4%)、3位はキリンビバレッジ「きりり」(7%)、2位は日本コカ・コーラ「アクエリアスレモン」(15%)、そして1位はサントリー「はちみつレモン」(21%)だった。一方、女性篇では、5位「ミスティオ」(4%)、4位サントリー「ごめんね。」(5%)、3位「アクエリアスレモン」(6%)、2位「きりり」(12%)、栄えある1位は男性と同じく、「はちみつレモン」(31%)という結果になっている。

俺としては、「高原の岩清水&レモン」に復活してもらいたい。 なんで飲料会社はそれなりに売れているものを止めてしまうのかねぇ? いや、理論は知ってるんだけれど、それって顧客を数としてしか見てなくて、個々人の嗜好やメーカー、商品に対する継続的な愛着ってモンをはなから無視してるよなぁ。 マスプロは嫌いだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/4/5

「ハチミツとクローバー」11、12話
森田の部屋が松本零士の世界なのに笑った。
なんかこれ見てると神山監督のオレ内評価が下がっていくw
「東のエデン」のイメージの元ネタは、これだなぁ。

「ハチミツとクローバー」15話
杉田、いいなあ。かなりいい。

出社。
そしてグダグダ。
26時から飲みに行き、28時過ぎに帰宅。
「魚民」は、どうもビール半額フェアをやっていたらしく、生中15杯が\3500になっていた。
3人で飲み食いして7k弱だったので、非常に安上がりだ。
生中6杯飲んで自転車で40分くらいかけて帰ったので、すっかりへろへろに。

「荒川アンダーザブリッジ」
新房監督作品の主人公は神谷浩史が多いな。
そして少年期の声は斎藤千和だ。
演出がまるっきり化。
そういや「宇宙ショーへようこそ」にも斎藤千和は出ているらしい。
斎藤千和を発掘して育てた舛成監督と倉田脚本だから、まあ外せないわなあ。

そろそろ寝ないとやばいなと思う28時半。
そろそろ外では鴉が鳴いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/4

「ハチミツとクローバー」6話。
山田、いいキャラだな。

ラチェットはあるんだけれどボックスドライバーが無かったので調整できなかったママチャリのチェーンのテンション、駅前の自転車コンビニに持ち込んだら5分でピンピンに調節してくれた。
しかしここまでピンピンでいいのだろうか・・・・遊びがないんだが・・・・
だが確かに動きが軽快になった。

中央大通りの1000円CUTの店で散髪する。
・・・値段なりだな。いまや全国を制覇しつつある阪南理容は1900円で普通の腕だからなあ。
ちとコストパフォーマンス悪すぎるわ。全体的な髪の漉き方のバランスが悪すぎ。
癖毛だからよくわかる。

事務所に来~ると~、PCのNICが壊れて~た~♪
慌ててUSB-LANのドライバをインストールしたら直った・・・・おいい
これだからDELL VOSTRO1520は

「いちばんうしろの大魔王」って、原作:水木正太郎なのか・・・
正直驚いた。
あの人がねえ。つっても3回しか会ったことはないけれど。
近衛マスターと半ギレで議論していた姿が印象に残ってるなあ。
しかしもはや星雲賞の常連となった野尻抱介マスターは当然として、築地マスターも生き残っているようだし、旧ホビデの小説家は生存率高い。
「GIANT KILLING」は結経良作かも。
ただタッツミーの声がサガラ軍曹なのがなんとも。印象が強すぎるんだよね。
「Angel Beats!」はまだわからん。
あとは「荒川アンダーブリッジ」かなあ。
「四畳半神話体系」が楽しみ。

ナッツを食いながららラガヴーリンを飲む。
極楽極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/3

朝6時半帰宅。
パスタ食ってビールのんで寝る。
17時頃起きる。おや・・・・?

コーナンへ。
チェーン、チェーン切り、ブレーキパッド、チェーンルブを購入。
帰宅し、交換作業。
チェーンもブレーキパッドも一種類しかなかったので、何ら選択することなく新しいものに変えただけ。
フロントブレーキは格段にマシになったが、効きが良いといえるかどうか微妙な状態。
チェーンは・・・テンションがいまいち。
それに、クレジットカードのポイント貯めてもらった工具箱は正直イマイチだった。

交換整備した自転車で野田阪神の天下一品へ。
チャーハン定食こってりレギュラーを食す。
帰りに万代でいろいろと買い物。
つかれた・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/2

28:35  24時間戦えますかー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/4/1

ネット上の記事が一切信じられない日。

そういや今年のBBCは、なにやったんだろうか?

ハチミツとクローバー3話を見て、東のエデンの滝沢がハチクロの森田だという説に深く納得。
そのまんまじゃあ。

ハチクロのぼろアパートの雰囲気は、四畳半神話体系のアパートに似ている。
「東のエデン」に京都のボロアパートが出て来た神山監督の思考回路がわかるような気がする。


このところ帰宅すると自転車をバラしている。
手入れが悪くて一度外れたチェーンは、すぐに外れるようになるというのは本当で、チェーンカバーを外してなんとか嵌めてみたものの軽く空転させるだけで簡単に外れる。orz
ギアの面が合ってない?それとも部分的に堅くなっているのか。
自力でチェーンを替えるか、自転車屋へ持ち込むか検討中。
チェーンごとき自分で替えても良いんだけれど、時間がもったいない。
どうせ前ブレーキのパッドも替えて、ワイヤーのテンションも調整するとなると、やはり自転車屋かなあ。
引っ越しで古い下着なんかも処分しちゃったから、ウェスもないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »