« 2010/3/10 | トップページ | 2010/3/14 »

2010/3/13

朝、管理事務所に出向き、雨漏りの件を伝える。
その後、事務所に出向こうとして家を出ると京ポンに電話。
今から見に行くが御在宅か。御在宅ではない。
駅前のグリルで豚のしょうが焼き定食食って戻る。
業者来る。
あたらしい雨漏りスポットを発見。
リビング(という名の今は何も無い空間)の天井にも黒いシミが。
そして匂いがしてきている。
う~む。

四畳半の天井
Img_0254

屋上の状態を確かめたついでに高速道路淀川左岸線の工事状況を撮影。
3年後にはこのあたりに排気筒が建ち、大開の出口が出来る。
車持ってればむちゃくちゃ便利になる。
Img_0256

淀川左岸線(阪神高速公式ページ)

狼と香辛料の13巻に着手。
これもネタはおもしろかったが、今はラストを引き延ばしている感じだなあ。
作者はかなり上手くなって、作品もおもしろい。

狼と香辛料 13 (電撃文庫 は 8-13)
支倉 凍砂
アスキー・メディアワークス (2009-11-10)
売り上げランキング: 1146
おすすめ度の平均: 5.0
5 甘いです・・・
5 まさかのエネク視点
5 安定して面白い
5 短編集その3。優しい気持ちになれます。
5 一人ではないからこその、面倒もあり、楽しさもあり

夕方、心斎橋まで歩いて清水湯へ。
http://www.spa-shimizuyu.com/
風呂上り、汗を拭きながらとなりの鉄火丼屋「魚重」へ。
以前から気になっていたけれど、日曜定休日のため食べられなかった。
かつて事務所近くに趣味の小料理屋「大ちゃん」があったときにはしょっちゅう絶品の鉄火丼を食えたので、同じレベルのものを探し歩いている。
しかしいまだにめぐり合わない。
ここのはなかなかに美味だった。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27009601/
漬け具合もよく、飯も美味い。
あ~大ちゃんの鉄火丼は、とっちかと言うとまぐろのヅケが主役で、飯が脇役だったなあ。分厚いヅケをたっぷりと堪能できる逸品だった。が、丼としてのバランスを考えると、こっちのが上か。
あまり細かいことは言わない主義だけど、食べ物はどのレベルで評価するかが難しい。
煮物やご飯は刻一刻と味が変わっていくし、特に煮魚などは客に出して箸を付けるまで味が染み込み続けているわけで、一人で食いに行くならその塩梅をはかってくれるレベルの店にしたい。
たまたまか魚重に入ったタイミングでは客は誰もおらず、ふと飯の状態が気になった。
飯は保温し続けると澱粉が変質して行くので、味が変わっていく。
だからどれだけの量の飯をどれくらいの間隔で炊くかが重要だが、これも最高の状態ではないにせよ普通に美味で、場所と値段を考えると非常にお得だった。

そして事務所へ戻り、終電近くまで仕事。
ちと疲労が蓄積していてうっかりドーム前を乗り過ごす。
というか次はドーム前、と思った次の瞬間、大正駅だった。
時すでに逆方向の便はなく、やれやれと思いながら地上へ出て京セラドームを目指す。
大正駅はドームと川一本隔てるだけなので、問題なく阪神電車の終電に間に合った。
やれやれ。

|

« 2010/3/10 | トップページ | 2010/3/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/47798320

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/3/13:

« 2010/3/10 | トップページ | 2010/3/14 »