« ペプシAZUKI | トップページ | レモン月夜の宇宙船 »

フリーター、家を買う

有川浩「フリーター、家を買う」読了
なかなか面白かった。
大卒で潜り込んだ会社の新人研修になじめず離職。
その後アルバイトも長続きせずに半ニート生活を送っていた主人公が、
母親の鬱病重症化とともに一念発起、肉体労働して金を貯めつつ
就職を目座していく話。
正直、就職するか否かのあたり迄はさほど見るべき物を感じなかったが、
就職してからの怒濤の展開の中で、主人公の価値観がたしかに変化していて面白い。
最後、収まるべき所へおさまる感が出まくりだが、まあこれは有川浩の味、だな。

フリーター、家を買う。
有川 浩
幻冬舎
売り上げランキング: 1397
おすすめ度の平均: 4.0
4 可もなく不可もなく愉しめる
5 みんな誰かに守られ支えられている
4 痛快な反面
4 とても面白いんだけど。。。
3 タイトルとは少し違う気もするが・・・

|

« ペプシAZUKI | トップページ | レモン月夜の宇宙船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/46570026

この記事へのトラックバック一覧です: フリーター、家を買う:

» 書籍「フリーター家を買う」新しい事を始めるのに遅すぎる事は無い。 [soramove]
書籍「フリーター家を買う」★★★★面白い 有川浩 著 、幻冬舎刊 2009年8月25日発行、第1刷、1470円、309ページ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「フリーターがどうやって家を買うんだろう、 単純にそんな考えで、面白そうなので 読み始めたが、まさに一気読み、 この本の結末以降の続きがも気になる」 新卒で入社した会社の研修に嫌気がさ... [続きを読む]

受信: 2009/11/22 21:03

« ペプシAZUKI | トップページ | レモン月夜の宇宙船 »