« カーネル・サンダースの発見 | トップページ | ファンロード、4月号で休刊 »

陽の当たる部屋

1994年の8月に今の部屋に越してきて以来、もう15年も住んでいる。
引っ越そうと考え始めて8年。東京行きが本当になくなったら・・・・
それはともかく、この部屋には日が当たらない。
裏のベランダからすぐ手の届く距離に建っているアパートが原因だ。
おかげで春分と秋分の時期の夕方に、建物のスキマを縫って差し込んでくる時を除き、
まったく日光とは無縁な部屋だった。

しかし数日前から裏のアパートに工事用シートがかかっていたかと思うと
あっというまに取り壊され、なんと南向き好条件の部屋に!
ちゅうか日光まぶしいわ。
灰になる。

|

« カーネル・サンダースの発見 | トップページ | ファンロード、4月号で休刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーネル・サンダースの発見 | トップページ | ファンロード、4月号で休刊 »