« 2008/4/11 | トップページ | 2008/4/16〜17 »

バンテージポイント

2008/4/12 アポロシネマ8にて鑑賞

大統領狙撃の瞬間をいろいろな角度から描く!
と宣伝されているこの映画だが、まあその辺はそのまんま。
見ている物はかわらないのに、当事者がクローズアップされると
話が全然違ってくる。
んで中盤でネタが割れたら一気にアクションシーンの連続と。
手堅い映画だった。

デニス・クエイド扮するPTSDのシークレットサービス、トーマス・バーンズがマクレーン刑事並みに不死身で運が良く、思わず帰りにTSUTAYAでダイハード4.0を借りてしまった。

|

« 2008/4/11 | トップページ | 2008/4/16〜17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008/4/11 | トップページ | 2008/4/16〜17 »