« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の20件の記事

2007/6/28

ニコニコ動画にて中島みゆきのPV等々を鑑賞して就寝。
しかし、TOKIOの「宙船」のセルフカバーは・・・
男の長瀬より勇壮ってのはどうなんだ。さすがだ。
またファンクラブに入りたくなってきた。

小田和正の「化粧」を聞いて、中島みゆき:作詞作曲+小田和正:唄の破壊力を知る。


ここ十数年の歌はしらんけど、CD買おうかなあ。

| | コメント (0)

北朝鮮は国連決議に違反=弾道ミサイルと確認-安倍首相

リンク: 時事ドットコム:北朝鮮は国連決議に違反=弾道ミサイルと確認-安倍首相.

安倍晋三首相は28日昼、北朝鮮の27日のミサイル発射について「弾道ミサイル計画の廃棄を記した国連決議に反するものだ」と述べ、発射されたのは弾道ミサイルであると確認した。ただ、「(日本の)安全保障上、直接影響があるものではないと考えている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。  首相は、今後の対応に関し「国際社会で厳しく対応を求めていかなければいけない」と強調。さらに、「日朝平壌宣言には彼らはこれまでもいろいろ反している。核も拉致もそうだ」と、北朝鮮を厳しく批判した。

 IAEAに合わせてか?さすがだ将軍。よく常人の成しえる事ではない。

|

スカルマン8話

ニコニコが有料化されて、いつもの人のUPがなくなった。
しかし7月3日から関西でも放送されるらしい。

いまどき珍しい硬派なストーリー。
というか1クールで8話目なのにスカルマンが誰なのか、
主人公と探偵は何が目的なのかさっぱりわからん。
実に面白い。

| | コメント (0)

2007/6/25

へろへろ。
20時半帰宅。

デモンベインの3冊目を進行中。
これが書かれたのは「ある日爆弾が降ってきて」の直後なのか。
それにしても芸達者な人だ。
レンズマンもカジシンもクトゥルフもカバーするその手腕。

キリン端麗グリーンラベル500ml×2
発泡日本酒「月うさぎ」1本
蒸し暑くなってくると月うさぎが美味。

| | コメント (1)

住民税

\15,900も増えてる! ヽ(`Д´)ノウワーン
俺みたいな低所得者になんてことを!
所得税が減って住民税が増えてって、昨年12月と比較しても\14,000がとこ高いぞ!

| | コメント (0)

終わりのクロニクル(1)

読了。
決して文章は上手くないんだが、そのちょっと引っかかりのある文体を生かしている。

しかし、マロい、にはいささか笑った。
ただし続きを読みたいかどうかと言うと、ややどうでもいいという側に属するか。

| | コメント (0)

朝日ソノラマ 9月解散

orz
おお、俺の80年代が・・・
メディアミックスに乗り遅れたのかねえ。
90年代までは、後発の若者向けレーベルに対して
品質であきらかに勝っていたのだが。
Dはどうでもいいが、エリアルはどうなるんだ。

| | コメント (2)

押井守監督に聞く 新作アニメ「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 : 話題 : 映画 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リンク: 押井守監督に聞く 新作アニメ「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 : 話題 : 映画 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

すごく順調。遅れが出ているパートもあるけど、うまくいく自信があるから、精神的には楽だよ。「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(1995年)を作っていた時の気分に近いかな。アニメーションの現場は、大きな山を作らず、淡々と進行するほうが、クオリティーが上がるんだ。

う~ん、今度はほんとにそれなりに一般受けしそうな映画になりそうな・・・ 80年代~90年代初頭の押井映画が好きだった身としては期待。 ただ、「GHOST IN THE SHELL」と同じ気分って、制作当時、新しいことは何もやってない、P2で出したいものは全て出したとか言ってたのが気に掛かる。 しかし真っ青な空のポスターは、なんとなくP2を思い出させるなぁ。

塒情報で「押井作品に見られる長い台詞は一切無く」ってのは・・・本当かね。
なんか昔もそんな話を聞いたような・・・

立喰娘の公開が先か。

| | コメント (0)

ダーティペアの大復活

何十年ぶりの復活か・・・・・
・・・読了
感想:復活すんな。

ダーティペアの大復活
高千穂 遥
早川書房 (2007/01)
売り上げランキング: 153235
おすすめ度の平均: 3.0
3 ははは・・・、のふっかつ?!です

| | コメント (0)

家守奇譚

ちょっと前に読了。
誰かのブログで評価が良かったので読んだ。
本業が児童文学の著者の一般小説。
昭和初期なのか、時代不明な琵琶湖疎水の傍らの
日本古来の妖怪やら神様やらが普通に存在している世界を舞台に、
売れないモノカキ青年の何事もない日常を描く。
たしかに面白かった。

家守綺譚
家守綺譚
posted with amazlet on 07.06.16
梨木 香歩
新潮社 (2006/09)
売り上げランキング: 2539
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本むかし譚
5 あってもいいな
4 ほっとできる

| | コメント (0)

number

ひさびさにnumberなぞ購入。
タイミング良く、スーパーアグリ特集。
これはカナダGP見てた担当者は小躍りしたろうなあ。

しかし紛れもない弱小プライベーターなのに、なんであんな速いんだろう。
だけどタイヤボロボロのアロンソに、スリップに着いた状態からストレートで
置いて行かれそうになるあたりを見ると、やはりパワーは数段違うのか。
去年のHONDAのシャーシは、正直なところ評価良くなかったのに
それにも負ける今年のHONDAはどうよ。

それはそれとして、ハミルトンはあの若さにしては上手すぎる。
シューマッハ(兄)ですら、ベネトンの頃はまれに雑なブレーキングで
荷重移動をミスっていたというのに。
ともあれイングランド人ではあるが、史上初の白くない優勝者の誕生。
東洋人が優勝できるのはいつの日か。

| | コメント (0)

らき☆すた

フルメタ読んどる・・・・
みくるがおる・・・
し、島本和彦!
なんだ今週は。

| | コメント (0)

2007/6/4〜2007/6/10

風邪を引いて腸にきたので大ダメージ。
7日はダウン。なにをしていたやらわからん週。

| | コメント (0)

グレンラガン シモン、手をどけて

重い話来た。
軽いノリで客を摑んでおいて、いきなり重い話に引き摺りこむのがGAINAXと言われていたのは、かれこれ20年近くも前のこと。まだこんな力があったとは思わんかった。
権力者にとって、他人は自分に都合が良いか悪い人間かでしかないのか。
しかし、昨今の育児放棄問題を含んでいるようでもあるし、日曜の朝にやるような話ではないな。

回想パートでイヌカレーが来るとは思わなかった。
うまいなhttp://uchu-kibo.chu.jp/

| | コメント (0)

memo

この世のなごり 夜もなごり 死にに行く身をたとふれば、
あだしが原の道の霜 一足づつに消えて行く 夢の夢こそあはれなれ
あれ数ふれば暁の 七つの時が六つ鳴りて 残る一つが今生(こんじょう)の
鐘の響きの聞き納め 寂滅為楽(じゃくめついらく)と響くなり

| | コメント (0)

ロッキー・ザ・ファイナル

Rockey_final監督:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローン 、バート・ヤング 、アントニオ・ターヴァー 、ジェラルディン・ヒューズ 、マイロ・ヴィンティミリア 、トニー・バートン

<2006年アメリカ>
2007年6月2日布施ラインシネマにて鑑賞

「ロッキー・ザ・ファイナル」最終日の最終上映に滑り込み。
最初に結論を言うと、軽く感動してしまった。
淡々と続くロッキーの老後。
経営する小さなレストランで夜ごと昔話をして客にサービスする日々。
エイドリアンは数年前に癌で他界。
息子は、いつもロッキーJrと呼ばれるのを嫌って家を出た。
何事もない普通の日々・・・
だが確実に街も人も、時の流れと共に、かつてのジムは廃墟となり、バーには不埒な若者がたむろし、すべてが疲れ果て、朽ち果ててゆく。
ままならない世界に対する感情が、観客とロッキーの胸に降り積もる。
そんな時、ロッキーの取る選択は?
演出と編集が素晴らしい。
聞けば誰でも熱くなるロッキーのテーマを、あえて抑えめにアレンジし、
遠い遠い過去と対話するように、名シーンのフラッシュバックを織り交ぜながら試合は進む。
お見事でございました。
手放しで95点。
ただし、これはこの一作だけの評価ではない。
ロッキーは人生哲学だ!
それと、エンディングは卑怯。
6本も撮られた名作だから出来る、最後の演出だった。

| | コメント (0)

2007/6/2

ぶっちゃけしんどい。
微熱もあるし、あまりよろしい状態ではない。

やや朦朧としながら仕事。
21時まで。
そして日本橋で地下鉄から近鉄大阪線に乗り換え、布施まで。
布施かぁ・・・おそらく20年以上前に、一回来たことあるはずだよなあ。
目的地は布施ラインシネマ。

「ロッキー・ザ・ファイナル」最終日の最終上映に滑り込み。
最初に結論を言うと、軽く感動してしまった。
淡々と続くロッキーの老後。
経営する小さなレストランで夜ごと昔話をして客にサービスする日々。
エイドリアンは数年前に癌で他界。
息子は、いつもロッキーJrと呼ばれるのを嫌って家を出た。
何事もない普通の日々・・・
だが確実に街も人も、時の流れと共に、かつてのジムは廃墟となり、バーには不埒な若者がたむろし、すべてが疲れ果て、朽ち果ててゆく。
ままならない世界に対する感情が、観客とロッキーの胸に降り積もる。
そんな時、ロッキーの取る選択は?
演出と編集が素晴らしい。
聞けば誰でも熱くなるロッキーのテーマを、あえて抑えめにアレンジし、
遠い遠い過去と対話するように、名シーンのフラッシュバックを織り交ぜながら試合は進む。
お見事でございました。
手放しで95点。
ただし、これはこの一作だけの評価ではない。
ロッキーは人生哲学だ!
それと、エンディングは卑怯。
6本も撮られた名作だから出来る、最後の演出だった。

| | コメント (0)

2007/6/1

22時頃帰宅。
寝不足でもあり、体調も悪く、うつらうつらとしながら「おおきく振りかぶって」の放送分を
ニコニコで見ながらプレミアムビール500ml×3。
しっかしおお振りのコメントは、なんでこんなに腐女子なんだ?
おそらく大半は腐を装ったヲタのコメントだろうが・・・・
ぶっちゃけ、アニメ化としては並だな。おもしろエピソードは割愛してあるし。

| | コメント (0)

2007/5/31

22時頃仕事を終え、飲みに行くか迷う。
やめておいて帰宅したが結局、合鴨のパストラミ、スパイシー焼きそばを肴に
キリンのグリーンラベル500ml×2、赤ワイン1本・・・・飲み過ぎじゃ。
生煮え。

| | コメント (0)

2007/5/30

夜、事務所へ帰り、机の上を片づける。
明日、Net求人情報の広告代理店が取材にくるとのこと。

25時過ぎまで仕事。
なぜか(って言ったら怒られるが)そんな時間まで残っていた女の同僚と、
心斎橋の辻本パスタまで食べに行く。
前に来たときより味のピンが来ていなかったような・・・?

25時45分、BarPROOFへ。
4周年のお祝いの口上を述べる。
時間も遅いので、デュワーズの80年代ボトルと
アードベッグのスティルヤングの次のやつを頂く。
デュワーズ、幅が広くニュアンス豊か。
かすかな化粧香。
これならストレートでずっと飲んでいても問題ない。
今のデュワーズはこれに比べれば樽香を強く残しすぎ、
干しイチジクのような甘みが濃いが、幅は狭い。
これはストレートでは飲めん。
アードベッグのカスク9年は荒さが消え、色々花開く気配はあるが
中心部分がやたらと強く、一杯飲んだら舌がしびれた。

今回の目玉は宮崎産の完熟マンゴーを使うフルーツカクテル東国原\4,000。
た、たけえ・・・だが美味いに違いない・・・・
しかし俺はまだブラントンも飲まなきゃならんし、シャンパンも・・・・
この日は26時15分に切り上げる。
二杯だけ。
ああ健全。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »