« 2007/1/4 | トップページ | パプリカ »

硫黄島からの手紙

Iwojima製作:スティーブン・スピルバーグ、クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ
監督:クリント・イーストウッド
脚本:アイリス・ヤマシタ
原作:栗林忠道
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江
(2006年/アメリカ)
2006年12月10日アプロシネ8にて鑑賞。

良い映画だった。
戦争映画としては激しさに欠けるが。
それはそれとして2chの映画作品板を見てると「大本営って何?」なんて
おそるべき質問が多々上がっており・・・・
もしかしてWWIIの戦史って、一般知識ではなくなってる?
栗林中将の「散るぞかなしき」とか、市丸少将のルーズベルトへの手紙なんぞ、
有名なもんだと思っていたが。
しかしまあSPRやBOB、BHDを見て来た身には・・・いやこれがイーストウッド味か。
<編集中>

|

« 2007/1/4 | トップページ | パプリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/13334492

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

« 2007/1/4 | トップページ | パプリカ »