« ばってん荒川氏、死去 | トップページ | 2006/10/22 »

ワッハマン

連載開始当時はまだ実家で、本が溢れていた為に単行本を買わなかった。
先日、絶版になったと聞き、全巻中古で衝動買い。
15年も前だったのか・・・
レミィが男風呂に乱入した回をやけに鮮明に覚えているが、
あれが14年前・・・
もう2006年なんだもんなあ。

しかし頭から通して読むと、こいつは傑作だ。
2巻目あたりから複線が張られ始めて11巻できっちり回収している。
最終回近辺の足元総崩れ感がすばらしい。
それゆけ宇宙パトロール、カールビンソンあたりの一話完結型も良いが
こういうすばらしい長編をまた書いて欲しい。
しかし1連載8年だから、そうそう何作も書けるものではないか。
ところで長沼のマンションに現れた女は長沼の元妻、
実はパパの部下、長沼の記憶は改竄されていた、で正解なのだろうか。

|

« ばってん荒川氏、死去 | トップページ | 2006/10/22 »

コメント

あれはイシュタルだと思ってました。なるほどそう言う解釈も可能ですか。

投稿: 甘崎 | 2006/10/23 23:48

冒頭の方であの女が"イシュタル"という幹部でいわゆるイシュタルの名前は不明ともとれる描写がありますが、こいつは叙述トリックで、やはりルミの上位存在がイシュタルであるという作中の記述が正しいのでしょう。また長沼が「奴がなりふりかまわないつもりだと気づかされた時」と語っている場面であの女の姿が浮かんでいることから、たぶん彼女は長沼の妻ではないかと。

投稿: カラス | 2006/10/24 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/12390393

この記事へのトラックバック一覧です: ワッハマン:

« ばってん荒川氏、死去 | トップページ | 2006/10/22 »