« オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式 | トップページ | 2006/9/11 »

推理小説作家、小林久三氏が死去

リンク: Sankei Web > 生活・文化 > 推理小説作家、小林久三氏が死去(09/11 11:42).

 「皇帝のいない八月」などのミステリー小説で知られる作家、小林久三(こばやし・きゅうぞう=本名・ひさみ)さんが1日、脳梗塞(こうそく)のため横浜市内の病院で死去していたことが11日、分かった。70歳。茨城県出身。葬儀は親族で済ませた。喪主は妻、法子(のりこ)さん。

 東北大卒業後、松竹に入社。プロデューサーを経て作家に。足尾銅山鉱毒事件をテーマにした「暗黒告知」で昭和49年に江戸川乱歩賞を受賞。このほかにも、歴史を題材にした推理小説などを発表した。 


靴を一瞥して一言「自衛隊の方ですね」
「あの美しい宮城へと続く真っ白い道を、一糸乱れず行進するのだ」やったっけ。
忘れちまったなぁ・・・。
ご冥福をお祈りする。

|

« オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式 | トップページ | 2006/9/11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11863151

この記事へのトラックバック一覧です: 推理小説作家、小林久三氏が死去:

« オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式 | トップページ | 2006/9/11 »