« 2006/9/11 | トップページ | 2006/9/12 »

アイの物語

人類の歴史が薄暮を迎えた時代。
地球の支配者はアンドロイド達に取って代わられ、人間は物資を盗み出して寄生するように細々と生きていた。
“カタリベ”の主人公は一体のアンドロイドに拉致され、彼女の読み聞かせる物語の中を旅する。

う~ん、すごい。心の底から賞賛する。
いろんな作家がバケるのを目にしてきたが、まさか山本弘が大化けするとは思わなかった。
「神は沈黙せず」も素晴らしかったけれど、あれはまだ山本弘ならこれくらい書けるだろうと自然に思えるレベルだった。
しかしこの作品は・・・・・
これが奇跡の一作となるのか。
で、入手困難本なわけだ。

<bk1>

アイの物語
アイの物語
posted with amazlet on 06.09.12
山本 弘
角川書店 (2006/06)

|

« 2006/9/11 | トップページ | 2006/9/12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11872753

この記事へのトラックバック一覧です: アイの物語:

« 2006/9/11 | トップページ | 2006/9/12 »