« 2006/9/17 | トップページ | 平面いぬ。 »

サマータイムマシン・ブルース

最初に結果を見せて、後から課程が明かされる。
こんなにスッキリスッパリしたタイムパラドクス物は初めて観た。
ガンダムやらギルバート・オサリバンが掛かったりして、どうにも80年代テイストなんだがサトラレ2巻が出てくるし、現代なんだなぁ。
本広監督の映画は「踊る大捜査線1,2」「スペース・トラベラーズ」「サトラレ」「UDON」を観たが、この映画が一番良くできている。

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)
ポニーキャニオン (2006/02/24)
おすすめ度の平均: 5
5 「せっかくのタイムマシンを…」のおバカSFコメディ、オススメ!!

|

« 2006/9/17 | トップページ | 平面いぬ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11939003

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムマシン・ブルース:

« 2006/9/17 | トップページ | 平面いぬ。 »