« 2006/8/27 | トップページ | 2006/8/28 »

UDON

Udon製作:亀山千広
監督:本広克行
脚本:戸田山雅司
撮影:佐光朗
美術:相馬直樹
音楽:渡辺俊幸
特撮:石井教雄
出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世、木場勝己、江守徹、二宮さよ子、明星真由美、森崎博之、中野英樹、永野宗典
(2006年/日本)

NYでコメディアンとして失敗した香助(ユースケ・サンタマリア)は故郷の香川県へと帰ってくる。彼の実家はうどんの製麺所。しばらくくすぶっていた彼だが、借金を返すために紹介されたアルバイトのミニコミ誌で、売上を伸ばすために誰にも注目されていなかったソウルフード、うどんを取り上げることを思いつく。
やがて讃岐うどんは大ブームとなるが、それは思わぬ弊害をももたらし・・・

中盤までのミニコミ誌中心のうどんブーム展開は、あからさまに「おそるべき讃岐うどん」の実話だよなあと思ってたら、最後に参考文献として出てきた。やはりか。
やっぱブームになった御当地では味が落ちたり、名店が客層変わって閉店したりしてるのかねえ。
事務所近くの好きだった寿司屋(元禄からの老舗)が、「どっちの料理ショー」に取り上げられて大繁盛して一気に味が落ち、一過性の客が居なくなって昔ながらの静けさを取り戻しても元のレベルとはほど遠い代物を出すのを嘆いている身としては、なんともやりきれない話だ。
あのすばらしい精緻な仕事は、もう二度と戻らない。

映画「踊る大捜査線」は面白かったけれども、大画面で見るTVドラマだった。
それに比べれば、これは中盤までは映画だ。
しかしまとめに入るとTVドラマになるのは、やっぱ手慣れた方向に流れるのだろうか。

大阪に生まれ育った人間として、私もまたうどんが好きだ。
東京へ行くと、江戸蕎麦やら富士蕎麦でも大阪の蕎麦より美味い。
だから私は、東京で昼に一人なら、かならずと言っていいほど蕎麦を食う。
しかし逆に東京のうどんは食えたもんじゃない。
なんでかね?
だが大阪のうどんは出汁や具は美味いが、麺が美味いかというと、いや、悪くはないのだが、讃岐の麺を一回食ってしまうと明らかに落ちる。
あの、噛むと口の中で暴れ回り、歯茎や口腔内をマッサージされる快感。
うひゃひゃひゃひゃ。
なるほど、だからうまひゃひゃなのか、と、「うまひゃひゃさぬきうどん」を読んでいた私は思った。
あれは1998年の事だったか・・・香川県は遠かった。

まあ東宝のマークが出たところでカモメの鳴き声が被るネタは、ある映画が魂にぶっ刺さっている人種にしか気が付かないと思うが・・・。埋め立て地で警察生活ドラマは数年離れてたが、立ち食い蕎麦は今年の春だぞおい。オマージュにしても早すぎだ。

|

« 2006/8/27 | トップページ | 2006/8/28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11655956

この記事へのトラックバック一覧です: UDON:

« 2006/8/27 | トップページ | 2006/8/28 »