« 夏月の海に囁く呪文 | トップページ | 詩歌の待ち伏せ 〈2〉 »

詩歌の待ち伏せ〈1〉

北村薫が折々の詩歌との出会いを綴ったエッセイ集。
紹介されていた子供の詩に感銘を受けた。

 豊田敏久

ママ
ここに
カンガルーがいるよ

いたそうね 岡山孝介(東京 小4)

ぼくが くりのいがを
手でもったら  とても
いたかったよって
ママに話したら
ママが
いたそうねって
顔をしかめた
ママってかわいそうだね
おはなしをきいただけで
いたくなるなんて


子供は無敵だ。
まあ小4にしちゃあ、おめえ純粋すぎるだろって気もするが。

<bk1>

詩歌の待ち伏せ〈1〉
詩歌の待ち伏せ〈1〉
posted with amazlet on 06.08.22
北村 薫
文藝春秋 (2006/02)

|

« 夏月の海に囁く呪文 | トップページ | 詩歌の待ち伏せ 〈2〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11563179

この記事へのトラックバック一覧です: 詩歌の待ち伏せ〈1〉:

« 夏月の海に囁く呪文 | トップページ | 詩歌の待ち伏せ 〈2〉 »