« 2006/7/22 | トップページ | ボクのセカイをまもるヒト〈2〉 »

ボクのセカイをまもるヒト

八つの世界が蝕の時を迎えようとしていた。
生き残る世界は一つ。
国連と各世界の評議会は生き残りをかけて「無属」世界の一高校生の元へ
それぞれの担当者を派遣する。

オチモノでセカイ系・・・になるのかな?
分類主義者でない私にはよくわからないが。
巷ではハルヒ:エヴァ論が渦巻いているようだけれども、
骨子から言えばこちらの方がエヴァだとおもう。
自爆もあるし。(ぉ

ボクのセカイをまもるヒト
谷川 流 織澤 あきふみ
メディアワークス (2005/11)

|

« 2006/7/22 | トップページ | ボクのセカイをまもるヒト〈2〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11073840

この記事へのトラックバック一覧です: ボクのセカイをまもるヒト:

« 2006/7/22 | トップページ | ボクのセカイをまもるヒト〈2〉 »