« 涼宮ハルヒの陰謀 | トップページ | 2006/7/2 »

涼宮ハルヒの憤慨

これにて既刊全巻読了。つぎは10月か・・・・
2005年の初めには長門有希が何者か知らなかった私だが、ついに読破してしまった・・・

短編集。
小説内小説もおもしろい。
長門のホラーも良いし、キョンの恋愛小説も良い。
問題は鶴屋の少年Nだな。
元ネタ妹尾河童だろうけど、キョンの本名はNなのか?

前巻と今巻は、伏線の種まきやね。

最後にキョンが読んでる小説はアレだな。
アレを読んだときは、氷室冴子はやはり天才だったと思ったなあ。
ゴミ捨て場のシーンには驚愕した。
コバルトで大量生産してたときからひと味もふた味も違ってたが。
なにもかもが懐かしい。

涼宮ハルヒの憤慨
涼宮ハルヒの憤慨
posted with amazlet on 06.07.03
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2006/04/28)

|

« 涼宮ハルヒの陰謀 | トップページ | 2006/7/2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/10768078

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憤慨:

« 涼宮ハルヒの陰謀 | トップページ | 2006/7/2 »