« 涼宮ハルヒの溜息 | トップページ | 2006/6/30 »

涼宮ハルヒの退屈

しかしあれだな。読む速度が落ちたと言うより、続けて読む根気がなくなったな。
「笹の葉ラプソディ」は直球ど真ん中な伏線回収ではあるけれど、
その現代への戻り方の描写が面白かったかな。
あの時の襖の向こうに・・・的な擦れ違いネタが好きだってのもある。

涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの退屈
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2003/12)
売り上げランキング: 5,813
おすすめ度の平均: 4.5
5 主人公の存在感
4 野球大会はイマイチに感じました
4 グランドの落書き

|

« 涼宮ハルヒの溜息 | トップページ | 2006/6/30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼宮ハルヒの溜息 | トップページ | 2006/6/30 »