« 2006/7/14 | トップページ | ワームウッドの幻獣―クラッシャージョウ〈9〉 »

日本ふるさと沈没

豪華執筆陣による日本沈没アンソロジー。
とはいえ、この面々が豪華であると感じる人はすでに・・・いや、やめておこう。
意外な人が面白く、期待していた人はそれほどでもなかった。
しかし遠藤浩輝のアレは日本沈没じゃなくて、自作の短編ネタ引っ張ってるだけじゃねえか。
そら元ネタはそうなんだろうけど。
安永航一郎が激しく面白かったのも収穫。
この人のカーミ・サンチンにハマらなければ、俺はそんなにマンガを読むようにはならなかったろう。
そういえば、1990年にゴジラのアンソロ本を買ったのだが・・・あれも徳間だっただろうか。

日本ふるさと沈没
日本ふるさと沈没
posted with amazlet on 06.07.15
鶴田 謙二
徳間書店 (2006/06/30)

|

« 2006/7/14 | トップページ | ワームウッドの幻獣―クラッシャージョウ〈9〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/10956810

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ふるさと沈没:

« 2006/7/14 | トップページ | ワームウッドの幻獣―クラッシャージョウ〈9〉 »