« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の66件の記事

時をかける少女

Tokikake2監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
原作:筒井康隆
美術:山本二三
音楽:吉田潔
出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵、谷村美月、垣内彩未、関戸優希
<公式サイト>
すばらしい

元々見に行く予定だったけれど、公私ともに多忙なため足を運べなかった。
いいかげん精神的に腐ってきて、なんでもいいから一作でもマシな映画を見なければと思っていたときに、ある人の日記を目にした。
昔々、パソコン通信だったときから、私は感性の信頼できる評者の反応をアテにして映画を鑑賞していた。
自分の情報収集だけでは、取りこぼしも出るし、ハズレも引くからだ。なにせ時間は有限だし、公開される映画は、それこそチェックしきれないくらい多い。
この人が2回見に行くなら、そう思って神戸での打ち合わせの帰り、テアトル梅田のレイトショーで観賞した。

すばらしかった。
貞本絵がマッドハウスのタイミングで動くのに最初違和感を感じたが、それはすぐに慣れた。
コミカルな演出に笑い、そして泣けた。
原作とも大林版とも違うのですね、この映画は。
例によって事前情報全く無しだったので、途中で芳山和子が出てきてやっと合点がいく。
ああこれは”時かけ”というよりも、”サマータイム×トラベラー”だなあ。
DVDを買う価値がある。というよりも、もう一度みたい。
青春してるなあ。
何回リセットしたって人生は思い通りにはいかないが、それは悪いことじゃない。

名前だけ知っていて作品は見たこと無かったけれど、細田守監督は上手い。
しかしこれの美術は山本二三、男鹿和雄、武重洋二、小倉宏昌、平田秀一、串田達也、加藤浩って・・・
なんで美術監督クラスがゴロゴロと普通に美術やってるんだ。
そりゃ、クオリティ高いわ。

そうそう、スタッフロールが終わるまで誰も席を立たなかった映画なんて、最近まったく記憶にない。客層も幅広かった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/7/30

府立呼吸器アレルギー医療センターへ。
実母の妹の叔母さんが来ていた。
実家に洗濯物を届け、パジャマとフェイスタオルを受取り、バスタオルを買い届ける。
親父のひげを剃り、顔を拭く。
何度か上体を引き起こしてベッドの上に座らせる。
首も少し動く。
昨日よりも少しマシ。
女性が見舞いに来なければダメなのか、この親父は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極北からの声―フルメタル・パニック!サイドアームズ〈2〉

謎の多い宗介の幼少時の話。
北極海に墜落した旅客機からただ一人、そこにいないはずの潜水艦に救助された宗介は、KGBの手で外国人暗殺者として育てられ、アフガンで敵勢力に捕らえられ、やがてムジャヒディンとなる。
経緯は分かったが、旅客名簿に相良の名がないとか、一緒にいた母親らしき女性と謎の男など、あらたな謎が提示された。
なるほど、この短編から宗介とかなめが双子だって推測が出てきてるのか。
マディーカスとテスタロッサ艦長秘話。
フォークランド紛争で・・・あったねえ、そういう事。
シロの出自話。
白虎、シロが、いかにしてメリダ島に住むことになったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/29

昼頃、府立呼吸器アレルギー医療センターへ。
昨晩、母の人から聞いた話は以下。
「MRSAに感染していて、薬が効きにくいから死ぬかもしれんねんて」
実際のムンテラ。
肺の外側に溜まった液体から細菌は分離されず。
青山病院での診断は肺炎膿胸ということだったが、実際には胸膜炎であるとのこと。
肺から取ったサンプルからはMRSAが分離された。
これは現在バンコマイシンを投与して治療中。
ただし体が動かないと投薬用のチューブを外せないので、次々と細菌に感染してしまう。
そのためパーキンソンの治療が必須。このまま行くと、衰弱して死亡する可能性が高い。
しかしここの医療センターには神経内科がないため専門医はいない。
親父のように重篤なパーキンソン患者は、医師も看護婦も教科書の中でしか見たことがなく、対応が難しい。
来週火曜日にデータを持ち寄って検討会を行うが、神経内科と呼吸器の専門である国立刀根山病院への転院を勧めるかもしれない。

実際の所、倒れる直前までは散歩していたはずが、今では胴体と首が固まって、まるきり動かない状態。
たしかにこれでは不味いわなあ。


関本は足が遅い。
3塁まで行っとけば、金本のフライでタッチアップだったのに。

memo
「お前のバイクはどのクラスの四輪と同じ加速?」
バイク、ばか速い。
ちゅうかCBR1000RR. 0-100km/h 2.33秒て。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼と香辛料〈2〉

狼と兎談義には笑った。
「大体じゃな、わっちのように男と二人旅をしとる者に、狼に詳しいのかと聞くのはおかしいということでありんす。よいか? そのような者に対し、狼に詳しいかと聞いたところで答えは決まっているようなもの。なぜなら、夜になれば狼は常に現れるからじゃ。目の前に、こんな可愛い兎がおるんじゃからの。毎晩狼に食べられる兎が、狼のことを知らぬわけがあるまい?」
そういうネタは、ちゃんと理無い仲になってから言え。w
しかしなんで狼が吉原言葉しゃべってるんだろー

狼と香辛料〈2〉
狼と香辛料〈2〉
posted with amazlet on 06.07.29
支倉 凍砂
メディアワークス (2006/06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビピラフ ユキエハム

あ~これは失敗。
普通に電子レンジで解凍したが、フライパンで仕上げた方が良かったかもしれない。
ピラフがぱりっとしてないのはなんか許せない気がする。
味はわるくないけど食感がピラフじゃない。
http://www.rakuten.co.jp/yukieham/575954/832264/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼と香辛料

剣も魔法も出てこない、異世界商業ファンタジー。
若き行商人と古の賢狼の股旅物。
なかなか良い。
一般ウケするラインを保ちつつも小ネタ的に商売のシステムが描写されていて、独自性を保ちながら間口の広い作品を作るのは大変だなあとつくづく思う。
先物取引やってんなら腕木か旗振りかはともかく、なんらかの通信手段が発達していると思うが、さすがにそこまで世界設定はしてないのかねえ。
「旗振り通信物語」

狼と香辛料
狼と香辛料
posted with amazlet on 06.07.29
支倉 凍砂
メディアワークス (2006/02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつうつひでお日記

感想を書こうと思っていたが、親父がMRSAの感染症と知って気力が萎えたのでパス。
「失踪日記」の続きって、まだ1Pも書いてないのね。
吾妻ひでおがイリアや戯れ言シリーズを読んでいることに驚く。

うつうつひでお日記
うつうつひでお日記
posted with amazlet on 06.07.29
吾妻 ひでお
角川書店 (2006/07/06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/28

三田で打ち合わせ。
昼食は豊中のラーメン屋「福将軍」にてペタ丼(小)とラーメン。
19時半まで打ち合わせ、新大阪まで戻ってきたのが20時半。

夜、実家から電話が入り、親父がMRSAの感染症を発症していることを知る。orz
明日ムンテラを受けに行く。
そう簡単に直ってはくれんのか・・・・
VRSAでないことを祈ろう。
いや、VRSAは日本に上陸してなかったっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/27

朝からリスケ、山積み。
午後は仕様書の修正と連絡票の整理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/26

親父が転院するので仕事休んで立ち会う。
府立呼吸器アレルキー医療センターへ。
色々検査してムンテラ受ける。
医師の説明によれば青○病院の治療は全く間違っているとのこと。
そのうえ入院当初にレントゲン撮影のために飲まされたとおぼしきバリウムが
直腸に残りっぱなしで危ない状態だったとのこと。
文字通り orz となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/25

昼から28時まで打ち合わせと資料作成。
体力の限界に挑戦!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/24

昼から27時頃まで打合せ。
眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/23

病院にて付き添い。
昼食はマクドナルドでダブルチーズバーガーセット。
時間がなかったので日和ってしまった。
駅前のマクドナルドの店頭には、”やらないか”ポーズのドナルドが佇んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストラン・ドライカレー ユキエハム

http://www.rakuten.co.jp/yukieham/575942/590194/
ドライカレーはパラッとしていなければいけない。
が、それを無視すればそれなりに香ばしいし美味い。
つまり純粋なドライカレーではなく、そ~ゆ~もんだと思って食ったら美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポークウィンナー ユキエハム

http://www.rakuten.co.jp/yukieham/575954/832264/
叔母上より頂いたユキエハムのおつまみセット
数分ボイルするだけ。
ぱりっとして肉の旨みもたっぷりで、かなり美味い。
そこらの冷凍じゃないポークウィンナーより美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクのセカイをまもるヒト〈2〉

導入部となる1巻では、敵味方に分かれた各キャラの顔見せ。
二巻では舞台裏を少し覗かせる。

作中でも語られているが、物語の登場人物は二種類に分けられる。
すなわち事情を知らないタダのコマと、事情を知っていて自分の判断で動くものである。
この作品に登場するキャラクターの大半は、あきらかに前者であり、
一部の者はそれを自覚している。
最後にちょこっとだけ首謀者達の会話が入っているのはマクベスっぽくも、よくあるパターン。
こりゃあ姉ちゃんはかなり怪しいな。

谷川流フェアはこれにて終了。
あと一冊、「絶望系、閉じられた世界」があるのだが、中継ぎ在庫無し状態。
殆どの本をICUのベッド脇か、室外の椅子に座って読んだ。

ボクのセカイをまもるヒト〈2〉
谷川 流 織澤 あきふみ
メディアワークス (2006/06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクのセカイをまもるヒト

八つの世界が蝕の時を迎えようとしていた。
生き残る世界は一つ。
国連と各世界の評議会は生き残りをかけて「無属」世界の一高校生の元へ
それぞれの担当者を派遣する。

オチモノでセカイ系・・・になるのかな?
分類主義者でない私にはよくわからないが。
巷ではハルヒ:エヴァ論が渦巻いているようだけれども、
骨子から言えばこちらの方がエヴァだとおもう。
自爆もあるし。(ぉ

ボクのセカイをまもるヒト
谷川 流 織澤 あきふみ
メディアワークス (2005/11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/22

病院へ行って親父殿に付き添いの日。
飯にしよう飯にしようとうるさい。
点滴で飯食ってないからなあ。
昼食は中学生の頃良く食ってた近商カレー。

備忘録
・点滴のチューブに気泡が入ってた。
 まあ多少の空気で即血栓出来るって訳じゃないのは知ってるが。
・点滴を間違えていた。
 途中で気付いてさりげなく外して持って行ったが、別の患者の血漿と生食を半分くらい点滴してた。
 俺は点滴の内容も酸素マスクのフローターの目盛りも、廃液パックの液量も全部一応チェックしているからバレバレだったんだが・・・。生食には名前が書いてあって、血漿パックにはなかったので、生食なら流用もアリなのかなあと思っていたら、そそくさと外して持って行かれた。そして向かいのベッドの患者に点滴を始めた。怖いっちゅうねん。何か言っとくくべきだったんだろうか。まあ血漿だし、O+をB-に輸血しても大丈夫なはずではあるが・・・。大丈夫か青○病院。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME

世界を本に例えた小説は、古典でも読んだことがあったような気がする。
組み上げたネタをばらす際には、それが凝っていれば凝っているほど
ネタバラシに終始し、文章の抑揚が失われがちとなるものだが、
これもまた例外ではなかった。
いやしかし、十分に面白いシリーズであった。
収穫収穫。

学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME 電撃文庫 (0996)
谷川 流 蒼魚 真青
メディアワークス (2004/10)
売り上げランキング: 39,735
おすすめ度の平均: 4.5
5 やっぱり宮野
4 今後に期待

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校を出よう!〈5〉NOT DEAD OR NOT ALIVE

今度は吸血鬼物+メタ小説風多重世界か。
う~ん、SFしてるなあ。

学校を出よう!〈5〉NOT DEAD OR NOT ALIVE
谷川 流 蒼魚 真青
メディアワークス (2004/09)
売り上げランキング: 39,734
おすすめ度の平均: 4.4
5 これはもう・・・
5 宮野
5 来月が待ちどうしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校を出よう!〈4〉Final Destination

こんなパラレルワールドもの、初めて見た。
一作一作、よく変えてくるなあ。

学校を出よう!〈4〉Final Destination
谷川 流 蒼魚 真青
メディアワークス (2004/03)
売り上げランキング: 33,371
おすすめ度の平均: 5
5 おもしろすぎる
5 巻が出るごとに面白くなってる気が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校を出よう!〈3〉The Laughing Bootleg

学校中に自分たちのコピーが氾濫したため、各人間の関係があらわになると言う面白い試み。
なるほど、このシリーズの主人公は宮野と茉衣子だったのか。
どたばたしつつもパワーをセーブしたような印象はあるが、最後の方の持って行き方がまたウマイ。

学校を出よう!〈3〉The Laughing Bootleg
谷川 流 蒼魚 真青
メディアワークス (2003/10)
売り上げランキング: 36,285
おすすめ度の平均: 4.33
5 茉衣子です
4 茉衣子の災難?
4 光明寺茉衣子光明寺茉衣子光明寺茉衣子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me

地の文と見せかけて、実は一人称だったというのは古典的な文章ギミックだけれども、
こんな春の道ばたで蒲公英を見つけたような気分になる仕掛けは初めてだ。
伏線もキレイな張り方だなあ。
上手いな、谷川流。

学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me
谷川 流 蒼魚 真青
メディアワークス (2003/08)
売り上げランキング: 39,739
おすすめ度の平均: 3.83
5 文句なしにおもしろい
3 インターセプターとは?
4 キャラの上手さを堪能して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校を出よう!―Escape from The School

個人的に谷川流フェア開催中。
「学校を出よう!」って、こんな小説やったんか!
学園ものだと思ってたら学園SFものやん・・・
涼宮ハルヒの憂鬱と同じく、ほぼ処女作だけに詰め込みすぎのきらいはあるが
重層的な表現がすばらしい。
今時の要素をしっかりと取り込みつつ、基礎がしっかりしている。

学校を出よう!―Escape from The School
谷川 流 蒼魚 真青
メディアワークス (2003/06)
売り上げランキング: 33,372
おすすめ度の平均: 3.25
3 ライトノベルの今を見た
5 ちゃんと面白く出来てます
3 学校を出よう!の序章として

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃!!イージス5〈Act.2〉

ガニ公の女子校潜入話が絶品。
幻想と現実のせめぎ合いの描写が笑える。
楽々と行間を読ませる心理描写がスゴイ。
文章の手練手管を良く理解している。

電撃!!イージス5〈Act.2〉
谷川 流 後藤 なお
メディアワークス (2005/10)
おすすめ度の平均: 5
5 よかったと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃!!イージス5

典型的なオチモノだけれども、谷川流は上手いな。
ツンデレと80年代ジュブナイルSFの幸福な結婚という感じ。

電撃!!イージス5
電撃!!イージス5
posted with amazlet on 06.07.22
谷川 流 後藤 なお
メディアワークス (2004/11)
売り上げランキング: 88,199
おすすめ度の平均: 2.75
2 SFと思って買うと痛い目を見るかも・・・
3 ブロッコリー系?
3 普通に楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイロンの聖少女 クラッシャージョウ(10)

う~む、この33年間でリッキー初めての春じゃなかろうか。
とはいえなあ、グインサーガですら登場人物歳とってるのに、
いまだにジョウが19歳と言われても説得力が・・・
33年ありゃジョウとアルフィンに孫くらい出来ても不思議ではない・・・

作品自体としては正直言って評価できない。
どっかが悪いというわけでなく、これならば80年代頭までに出たジョウを読んどる方が面白い。

ダイロンの聖少女 クラッシャージョウ(10)
高千穂 遙 安彦 良和
朝日ソノラマ (2005/05/26)
売り上げランキング: 9,465
おすすめ度の平均: 3
3 ファンとしては、面白いけれど・・・
3 この際、装備のパワーアップを。。。
3 少し辛い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/21

午前中は三田へ。
完全に刺身のツマとして打ち合わせに参加。
午後は事務所で打ち合わせ。21時頃まで。
21時半頃から23時頃まで同僚と飲みに行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/20

仕事休んで親父の付き添い。
午前中は意識があって、点滴のチューブを抜こうとしたり、
どっかへ行こうとしたりで大変。
顔色は日に日に良くなっている。
が、やはり体力は目減りしているのか、意識明瞭な時間は減っている。
まあその方が扱いやすくはあるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/19

事務所で資料作成。
25時くらいまで・・・か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指紋認証

昨日から事務所では指紋認証が導入された
なんか感度というか、指紋じゃなくボタンの反応が変な気が・・・
トイレに行っても、会議室からプリンターへ紙を取りに行くにも指紋認証・・・
激しく面倒くさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/18

実家に泊まり、会社を休んで病院へ。

しかし実家はゴキブリだらけだわ布団にノミがわいてるわ、
食器は汚いどころか洗うためのスポンジすらないわ、
朝10時には病院へ行くって言ってるのに10時半を過ぎても
何か食べようか〜などと言っているわで、波長は合わぬ。
入院して何日も経ってるのに、まだ書類も提出してなかったし・・・
変わりに入院用の書類を各種記入して医事課に提出。
親父の病状も心配だが、実務能力のないあの人も心配だ。

親父は熱も下がり、レントゲンで見れば膿は胸の下1/3くらいに減っている。
夕方からCT室でスキャンしながら胸腔内に生理食塩水と抗生物質を入れて洗浄。
それにしても親父の嫁さんは印象に残ったおどろおどろしい単語しか
覚えていなかったから、医者から説明を受けて初めて病状がわかった。
肺に水が溜まってると言われても、それで危篤とはピンと来なかったが、
胸腔内に膿が出て炎症が広がっていたと聞いて、本気で危なかったと知る。
とりあえず病状は快方に向かうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/17

朝から病院へ。
親父殿調子悪し。
意識があるのかないのかわからぬ状態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/16

朝、最寄駅前にて妹と待ち合わせ。
11年ぶり。

親父殿はICUでチューブにつながれていたが、妙に元気だった。
が、認知症が進んでいるのか、チューブが入ってるのに
飯が食いたいだのどこかへ行くと言って起き上がろうとしたり、大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/15

朝から事務所へ。
CF-W2Aを同僚に格安で売り飛ばす。
昼食は裏の中華料理屋で可もなく不可もない天津飯とラーメン。
18時半、事務所を出、心斎橋へ。
BarP R O O Fを覗くも開店しておらず、はす向かいのサンボアへ。
ギネスとタラモア・デュのロック。
ギネスは良かったのだが、タラモア・デュのチェイサーにレモン風味が付けてあって・・・・
ありえねえ。
P R O O F にて佐藤マスターに借りていた本3冊を返し、
ジントニックとラガッヴーリンを1杯。
このブログを読んでいるという人に挨拶される。

親父殿危篤状態とのこと。
叔母上と妹に情報を流す。
妹とはメールのやりとりはしているものの、
リアルに合うのは震災の瓦礫の中以来だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワームウッドの幻獣―クラッシャージョウ〈9〉

まあなんちゅうか、そもそもクラッシャー・ジョーウの新作が出ていることに驚き。
だって1作目『連帯惑星ピザンの危機』は1977年で29年前だし
『美しき魔王』が出たのが1983年で、もう23年も前。
いやはやなんとも。
面白くはあったが、やはり油が抜けている。
歳だな。

ワームウッドの幻獣―クラッシャージョウ〈9〉
高千穂 遙 安彦 良和
朝日ソノラマ (2003/10)
売り上げランキング: 15,173
おすすめ度の平均: 4.43
3 遂にシリーズ再開!
4 前作から時間たったな~
4 クラッシャージョウの復活作、素直に楽しめます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ふるさと沈没

豪華執筆陣による日本沈没アンソロジー。
とはいえ、この面々が豪華であると感じる人はすでに・・・いや、やめておこう。
意外な人が面白く、期待していた人はそれほどでもなかった。
しかし遠藤浩輝のアレは日本沈没じゃなくて、自作の短編ネタ引っ張ってるだけじゃねえか。
そら元ネタはそうなんだろうけど。
安永航一郎が激しく面白かったのも収穫。
この人のカーミ・サンチンにハマらなければ、俺はそんなにマンガを読むようにはならなかったろう。
そういえば、1990年にゴジラのアンソロ本を買ったのだが・・・あれも徳間だっただろうか。

日本ふるさと沈没
日本ふるさと沈没
posted with amazlet on 06.07.15
鶴田 謙二
徳間書店 (2006/06/30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/14

朝から三田へ。
19時頃、事務所へ戻る。
21時ごろ退社。

事務所の入り口に指紋認証キーが付いていた。
社内にいた人間は全員登録を済ませたらしい。
しかしめんどくさそうな仕組みだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダルビッシュって

峰中出身だったのか・・・・
唯一のメジャーな有名人ではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/13

朝から三田へ。
午後から事務所へ戻って、京橋へ。
21時ごろまで打合せ。
駅前の養老の滝で30分強だけ飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/12

事務所で資料作成。21時まで。
ヤフーライブで阪神線をチェックしてたら藤川が暴投 orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/11

朝から神戸へ。
昼から事務所へ戻って打合せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/10

朝から神戸へ。
夕方から天六へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/9

体調不良。
だらだらと『順列都市』を読む。
う〜ん、5年前に読んだときより面白い。
ルディ・ラッカーもそうだけど、俺はこの方面は合わないかも。
おおむね面白いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/7

記録によれば、この日は深夜までスルーテストと修正を繰り返していた模様。
たしか終電で帰ったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/8

朝から神戸へ。
某ユーザーで本稼動切替。
昼過ぎには終わって事務所へ戻る。
様子を見て4時頃退社。
疲労がたまっているのか、足が重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/6

記録によれば、この日は事務所の会議室で打合せをしていたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

隣のベトナム大使館には誰もいない。
電話が鳴っても誰も出ない。
------------------------------------------
投稿してから24時間以上経ってから反映ねぇ・・・
有料使用者がメンテナンスで制限受けて、
無料利用者は使い放題って、何か間違っていませんかねえ。
どっかにメールで更新できて、更新時間も設定できるブログはないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/5

巷に雨の降るように、わが心にもミサイルの雨ぞ降る。

しかし設計上の問題から撃つだろうとは言われていたが、
なにが楽しくてあんなバカスカ撃ってるのかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/4

朝から神戸へ。
なんかもうヘロヘロ。
10時半ごろに客先を出て、12時ごろ事務所へ。
19時半まで打ち合わせ。
20時から22時まで軽く飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/3

あ〜も〜イヤ。
朝、駅売店でスピリッツとカロリーメイトゼリー。
もう一日中どたばた。
昼前に事務所を出て神戸へ。
トラブル対応。
20時半まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順列都市〈上〉

再読、というか再読のため再購入。

順列都市〈上〉
順列都市〈上〉
posted with amazlet on 06.07.04
グレッグ イーガン Greg Egan 山岸 真
早川書房 (1999/10)
売り上げランキング: 48,625
おすすめ度の平均: 5
5 仮想世界での生命とは?時間とは?
5 これぞ現代のSF!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/7/2

不調。
昼頃まで寝込む。
コーヒーとチョコレートだけで夕方まで。
夜、焼き鳥を買いに行きビールを飲むが頭痛。
不調きわまりない。

最近続けて本を読む気力がない。
たぶんガチャ目のメガネが合わなくなってきて、
長時間同じ距離で字を読むのが辛いからだろう。
やはり眼鏡屋へ行こう。
でも軽いレンズは高いからなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの憤慨

これにて既刊全巻読了。つぎは10月か・・・・
2005年の初めには長門有希が何者か知らなかった私だが、ついに読破してしまった・・・

短編集。
小説内小説もおもしろい。
長門のホラーも良いし、キョンの恋愛小説も良い。
問題は鶴屋の少年Nだな。
元ネタ妹尾河童だろうけど、キョンの本名はNなのか?

前巻と今巻は、伏線の種まきやね。

最後にキョンが読んでる小説はアレだな。
アレを読んだときは、氷室冴子はやはり天才だったと思ったなあ。
ゴミ捨て場のシーンには驚愕した。
コバルトで大量生産してたときからひと味もふた味も違ってたが。
なにもかもが懐かしい。

涼宮ハルヒの憤慨
涼宮ハルヒの憤慨
posted with amazlet on 06.07.03
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2006/04/28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの陰謀

鶴屋一族の陰謀!
新勢力に新組織。
一人称だけに全体像が見えなくて良い。
この巻で目立ったキャラは鶴屋だよなあ。
めがっさにょろにょろ。

涼宮ハルヒの陰謀
涼宮ハルヒの陰謀
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2005/08/31)
売り上げランキング: 433
おすすめ度の平均: 4.12
5 地獄の日を都合良く忘れていた俺
4 なんだ、なんだ
3 安定した実力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの動揺

短編集。
文化祭の一日、自主制作映画、長門一目惚れもの、吹雪の山荘、下っ端工作員の無力感。
ディテールを積み上げるための短編集とも言えるし、箸休め的作品集でもある。
なんせ実質的に消失で話は終わってるからなあ。
さらなる一大展開を求む。

涼宮ハルヒの動揺
涼宮ハルヒの動揺
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2005/03/31)
売り上げランキング: 6,824
おすすめ度の平均: 4
5 5本立て
2 痛ましいまでの駄作
4 長門有希の変化

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/7/1

全般的に不調。
朝から自室で積ん読本を消化する。
出歩く元気なく、昼は部屋にあった賞味期限切れのドーナツとコーヒー。
体力が尽きて夕方には寝る。

親父殿、特別養護老人ホームに入居とのこと。
高いね、老人ホーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの暴走

短編集
「エンドレスエイト」二度目は悲劇、三度目は喜劇。15497度目は?繰り返しもの、面白し。
「射手座の日」98でSLG銀河英雄伝説をやったことがあれば、激しく笑えること間違いなし。
「雪山症候群」吹雪の山荘。犯人が誰かは明かされず。

涼宮ハルヒの暴走
涼宮ハルヒの暴走
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2004/09/28)
売り上げランキング: 3,267
おすすめ度の平均: 4.17
4 3本とも面白いです
5 ハルキョン派宣言(笑)
4 今が旬なライトノベル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼宮ハルヒの消失

世界改変/時間ループもの。
なかなかおもろい。
こういうのは元の世界が読者に定着しなきゃ出来ないが、4冊目で自然にやるとはね。
主人公は長門か。

涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの消失
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2004/07)
売り上げランキング: 3,268
おすすめ度の平均: 5
5 3年前にタイムトラベルする箇所などが面白いです
5 今までで一番いいですよ
5 待望の第四弾!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/6/30

朝から神戸市へ。
今回の件自体は順調だったが別件がイロイロと持ち上がり、ちとてんやわんや。
管理って大事だよねえ。

梅田で飯食って3時前に事務所に戻る。
21時すぎから統括部長、部長、部長代理と中華料理屋。23時半まで。
調子悪くてあまり飲めなかった。

| | コメント (0)

涼宮ハルヒの退屈

しかしあれだな。読む速度が落ちたと言うより、続けて読む根気がなくなったな。
「笹の葉ラプソディ」は直球ど真ん中な伏線回収ではあるけれど、
その現代への戻り方の描写が面白かったかな。
あの時の襖の向こうに・・・的な擦れ違いネタが好きだってのもある。

涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの退屈
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2003/12)
売り上げランキング: 5,813
おすすめ度の平均: 4.5
5 主人公の存在感
4 野球大会はイマイチに感じました
4 グランドの落書き

| | コメント (0)

涼宮ハルヒの溜息

TVでは結果である自主制作映画作品が放送されたが、原作はその撮影風景。
まあそうだな。
しかしあの裏でこんなことが起こっていたとは・・・

涼宮ハルヒの溜息
涼宮ハルヒの溜息
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2003/09)
売り上げランキング: 5,228
おすすめ度の平均: 4.11
4 オチが弱いけどまあ満足
3 超監督の考えていることは凡人には分からんのです
3 最後が拍子抜けでした

| | コメント (0)

涼宮ハルヒの憂鬱

あ~あ、ついに読んじまった。

涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの憂鬱
posted with amazlet on 06.07.02
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 (2003/06)
売り上げランキング: 2,895
おすすめ度の平均: 4.06
5 やっぱり本なんてものは読むまで面白さが解らないもんだ(キョン)
4 独特の語り口が魅力の、大賞にふさわしい傑作
5 最高のキャラクター

| | コメント (0)

さんさん録 2

じいさんも良いな。

さんさん録 2 (2)
さんさん録 2 (2)
posted with amazlet on 06.07.02
こうの 史代
双葉社 (2006/06/28)

| | コメント (0)

ミッションスクール

田中 哲弥の新刊が出る日が来るとは・・・・
さすが24時間机で執筆作業にいそしんでいるのは伊達じゃないな。
ミッションスクールってのは、メフィラス聖人だのキュラソ聖人だのというネタ。
ハチャメチャドタバタ不条理小説。
非常にオモロイ。

ミッションスクール
ミッションスクール
posted with amazlet on 06.07.01
田中 哲弥
早川書房 (2006/05)

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »