« エビピラフ ユキエハム | トップページ | 2006/7/29 »

狼と香辛料〈2〉

狼と兎談義には笑った。
「大体じゃな、わっちのように男と二人旅をしとる者に、狼に詳しいのかと聞くのはおかしいということでありんす。よいか? そのような者に対し、狼に詳しいかと聞いたところで答えは決まっているようなもの。なぜなら、夜になれば狼は常に現れるからじゃ。目の前に、こんな可愛い兎がおるんじゃからの。毎晩狼に食べられる兎が、狼のことを知らぬわけがあるまい?」
そういうネタは、ちゃんと理無い仲になってから言え。w
しかしなんで狼が吉原言葉しゃべってるんだろー

狼と香辛料〈2〉
狼と香辛料〈2〉
posted with amazlet on 06.07.29
支倉 凍砂
メディアワークス (2006/06)

|

« エビピラフ ユキエハム | トップページ | 2006/7/29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11144087

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料〈2〉 :

« エビピラフ ユキエハム | トップページ | 2006/7/29 »