« 狼と香辛料〈2〉 | トップページ | 極北からの声―フルメタル・パニック!サイドアームズ〈2〉 »

2006/7/29

昼頃、府立呼吸器アレルギー医療センターへ。
昨晩、母の人から聞いた話は以下。
「MRSAに感染していて、薬が効きにくいから死ぬかもしれんねんて」
実際のムンテラ。
肺の外側に溜まった液体から細菌は分離されず。
青山病院での診断は肺炎膿胸ということだったが、実際には胸膜炎であるとのこと。
肺から取ったサンプルからはMRSAが分離された。
これは現在バンコマイシンを投与して治療中。
ただし体が動かないと投薬用のチューブを外せないので、次々と細菌に感染してしまう。
そのためパーキンソンの治療が必須。このまま行くと、衰弱して死亡する可能性が高い。
しかしここの医療センターには神経内科がないため専門医はいない。
親父のように重篤なパーキンソン患者は、医師も看護婦も教科書の中でしか見たことがなく、対応が難しい。
来週火曜日にデータを持ち寄って検討会を行うが、神経内科と呼吸器の専門である国立刀根山病院への転院を勧めるかもしれない。

実際の所、倒れる直前までは散歩していたはずが、今では胴体と首が固まって、まるきり動かない状態。
たしかにこれでは不味いわなあ。


関本は足が遅い。
3塁まで行っとけば、金本のフライでタッチアップだったのに。

memo
「お前のバイクはどのクラスの四輪と同じ加速?」
バイク、ばか速い。
ちゅうかCBR1000RR. 0-100km/h 2.33秒て。w

|

« 狼と香辛料〈2〉 | トップページ | 極北からの声―フルメタル・パニック!サイドアームズ〈2〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11147145

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/7/29:

« 狼と香辛料〈2〉 | トップページ | 極北からの声―フルメタル・パニック!サイドアームズ〈2〉 »