« 学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME | トップページ | ボクのセカイをまもるヒト »

2006/7/22

病院へ行って親父殿に付き添いの日。
飯にしよう飯にしようとうるさい。
点滴で飯食ってないからなあ。
昼食は中学生の頃良く食ってた近商カレー。

備忘録
・点滴のチューブに気泡が入ってた。
 まあ多少の空気で即血栓出来るって訳じゃないのは知ってるが。
・点滴を間違えていた。
 途中で気付いてさりげなく外して持って行ったが、別の患者の血漿と生食を半分くらい点滴してた。
 俺は点滴の内容も酸素マスクのフローターの目盛りも、廃液パックの液量も全部一応チェックしているからバレバレだったんだが・・・。生食には名前が書いてあって、血漿パックにはなかったので、生食なら流用もアリなのかなあと思っていたら、そそくさと外して持って行かれた。そして向かいのベッドの患者に点滴を始めた。怖いっちゅうねん。何か言っとくくべきだったんだろうか。まあ血漿だし、O+をB-に輸血しても大丈夫なはずではあるが・・・。大丈夫か青○病院。

|

« 学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME | トップページ | ボクのセカイをまもるヒト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/11061955

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/7/22:

« 学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME | トップページ | ボクのセカイをまもるヒト »