« とある魔術の禁書目録 | トップページ | 2006/4/2 »

ARIEL番外編2 家出艦長の里帰り

花嫁を結婚式場から強奪しておきながら、その後いっさいの進展がなかったタレ目の鷹と経理部長。
ここではハウザー艦長の十年ぶりの里帰りと、その結婚が描かれるが、一筋縄では行かないのはいつもの通り。
あの花嫁強奪って6巻、1990年の出版なんだなあ・・・まだ最近か。
物語を終わらせるのがわりあい下手な笹本祐一だけれども、
いつも生き生きとすばらしいキャラクターを生み出している。
ストーリーの足枷を解かれ、自由に展開されるオルクス乗員達のエピソードは実に面白い。

ARIEL番外編2 家出艦長の里帰り
笹本 祐一 鈴木 雅久
朝日ソノラマ (2006/02/28)

|

« とある魔術の禁書目録 | トップページ | 2006/4/2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/9397493

この記事へのトラックバック一覧です: ARIEL番外編2 家出艦長の里帰り:

« とある魔術の禁書目録 | トップページ | 2006/4/2 »