« 最後の宝貝(ぱおぺい)―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈5〉 | トップページ | シリアナ »

白夜行

まだ半分強しか読んでいない最近の通勤の友。
東野圭吾の本は何冊か読んだことがあるが、こいつは群を抜いて面白い。
ちょうど5才くらい上の世代が主人公なので、時代背景もよく分かる。
インベーダーやら平安京エイリアンやら88やら98やら・・・
日航ジャンボ機墜落事故。あの夜、中島みゆきのオールナイトニッポンがふっ飛んだ。
銀行女子社員による巨額横領事件もあったなあ・・・
いま読んでいるところはちょうどバブルにさしかかった辺りの1988年。
すでにあの人とあの人がああいう関係で道ならぬ恋で・・・と予想しているが、ハテどうだろうか。

しかし今ドラマ化されてるらしいが、この話をどうやって・・・
日本のヘボいドラマのレベルでこれは無理だろう。

白夜行
白夜行
posted with amazlet on 06.03.12
東野 圭吾
集英社 (2002/05)
売り上げランキング: 8,253
おすすめ度の平均: 4.41
4 決して判りえない人間の心の闇の部分、
5 凄いですね。
5 圧倒的なボリュームの小説

|

« 最後の宝貝(ぱおぺい)―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈5〉 | トップページ | シリアナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/9062773

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

« 最後の宝貝(ぱおぺい)―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈5〉 | トップページ | シリアナ »