« 白夜行 | トップページ | さんさん録 1 »

シリアナ

監督:スティーブン・ギャガン 
制作総指揮:ジョージ・クルーニー、スティーブン・ソダーバーグ 
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジェフリー・ライト、クリス・クーパー
2005年/米国

説明はヤメ。
腐敗バンザイ。
個人的には悪くなかったが、人には勧められない。
編集、演出ともしっかりしていて、映画作成レベルは高い。
が、プロットに少し難あり。
というよりも、テーマに対しての見せ方のチョイスを誤っているような気がする。

ひとひとりの考えつく理想などたかが知れていて、人々が長年にわたって積み重ねてきた
アナログな知恵こそが理想社会への道であり、個人レベルで把握できない複雑系の
社会を運営するには”自らに恥じない生き方”をする人間の育成が必要であり、
そのために普遍的道徳/宗教が存在すると、10年くらい前に考えていた。
この映画のテーマは、ゆえに”ああそうですねえ”と何の違和感もなく受け止めることが出来、
よって私にはインパクトがなかった。
良い映画だとは思う。

|

« 白夜行 | トップページ | さんさん録 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/9063016

この記事へのトラックバック一覧です: シリアナ:

« 白夜行 | トップページ | さんさん録 1 »