« 2006/3/22 | トップページ | 2006/3/24 »

2006/3/23

駅売店でモーニングを購入。
マクドナルドでソーセージマフィンのセットを買ってバス内で食べる。
東灘区を疾走するバス内でホットコーヒーを飲むのは、非常にデンジャラスだった。
午前中、日次処理を実行するも異常終了。
必死になって制御言語のリストを追い掛ける。
一時間も掛かる膨大な処理だったが、2時間くらい見ていると、だいたいの構造がわかる。
どう考えても、処理開始時にあってはいけないデータが、退避に存在しているような・・・
顧客の担当に相談してみると、でもこれで本番環境は動いているからねえ、とあっさり。
とするとどこかでクリアかデリートが走ってるんでないかとコマンドにあたりをつけて調べるが、
怪しい箇所はコメント化されている・・・・むむううう。
やがて顧客の担当者がプロセスフローを持ってきて、一緒に処理の流れを追い掛ける。
「最後にファイルを再生成しているところが・・・」
「そこは2000年にコメント化されてましたよ」
「そうか、う~ん」
腕を組んでいた担当さんが不意に何かを思い出す。
「あ~そうか、最後に退避に処理後のファイルをコピーしてるんや」
「は!?」
なんで処理前の退避データに処理後のファイルを被せて同名コピーしているのかはわからないが、とにかく原因は判明。というより疑っていたことそのままだった。
担当者の方が記憶してくれていて助かった。
ちゅうかこの退避のポイント、一回見たけれど、呼び元が月次でしか動かないところだったから関係ない部分だと判断したのだったが、処理の最後でもっかい呼ばれてたのであった。気づかんて、これは。orz
せめて事前に準備できてれば良かったが、今回はぶっつけ本番で、正直まったくなにも準備してなかったからなあ。最近こういうのが多い。特定の人物に負荷が集中して、特定の人物がそのフォローをしている。その多大勢は知らんぷり・・・。まあたしかに関わり合っても給料は上がらんけどねえ。プロとして根拠のない自尊心は持っていても、自らに恥じぬ行いをしようという自負心を持ってる人間は少ないな。
再度処理を行う前に4時頃、遅めの昼食を取りに出かける。
再度データをセット、日次処理を動かし、処理結果のデータ件数をチェック。
特定のファイルデータをCSVに落として内容を比較。
見事合致したのは21時頃だった。
長い道のりだった。

|

« 2006/3/22 | トップページ | 2006/3/24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/9257858

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/3/23:

« 2006/3/22 | トップページ | 2006/3/24 »