« 2006/1/1 | トップページ | トスカのキス »

R.P.G

雑居ビルの非常階段で殺された女子大生と、新居の建設現場で殺された中年サラリーマン。
初めは別々の事件と見られた二つの殺人は、捜査の過程で女子大生とサラリーマンが最近まで不倫関係にあったと判明したことから、連続殺人事件として捜査されることとなる。捜査線上には、被害者の女子大生と喧嘩していた同級生が容疑者として浮かび上がるが、それとは別にサラリーマンがネット上の掲示板に疑似家族を持っていたことが判明する。

感想の書けない小説だった。
だが、最後の方のどんでん返しは気持ちよい。
ただこれ、小説としての作法を破ってるからなあ。

R.P.G.
R.P.G.
posted with amazlet on 06.01.02
宮部 みゆき
集英社 (2001/08)
おすすめ度の平均: 3.53
3 なんだかホントにありそうな話…
4 こんなん、あり?!
2 そう来たか…

|

« 2006/1/1 | トップページ | トスカのキス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/7963203

この記事へのトラックバック一覧です: R.P.G:

« 2006/1/1 | トップページ | トスカのキス »