« おおきく振りかぶって Vol.5 | トップページ | 2005/11/23 »

世界の中心、針山さん

善良なる傍観者、針山さん(埼玉県所沢市在住)の周辺で起こる奇妙な事件の短編集4編。
一編目「としれじえ」都市伝説物。いわゆるベッドの下に斧を持った男が…物。だが一旦終わったかと思ったところでさらに一ひねり入る。及第点の一作。
二編目「魔法少女893号」本物の魔法少女が落ちてきたら?モノ。しかし設定は変なようで実は超正統派の直球ど真ん中ビルディングストーリー。正直なかなかいい話だった。
三編目「拝啓、光の勇者様」ある離れ小島で、住民達が突然「私は○×神に選ばれた伝説の勇者で、魔王を倒さなければならない」と信じ込みだし、設定の違う隣人を殺し始める。四編目への序章。
四編目「奇跡の中心、針山さん」一作目の斧男、二作目の魔法少女、三作目の勇者少女と魔王少年のストーリーがこんがらがりつつ、力業のラストシーンへ。

古い友人の薦めで購入した。
いやいや、一編目はこんなもんかと思ったけれど、二編目からいきなり面白かった。
なかなかに“読ませる”文章で、勢いを失わないまま最後まで突っ走っている。

世界の中心、針山さん
成田 良悟
メディアワークス (2005/10)
おすすめ度の平均: 4.67
5 初短編集
5 その男針山、非凡にして……???
4 それは、世界の中の1つ。

|

« おおきく振りかぶって Vol.5 | トップページ | 2005/11/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/7284940

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心、針山さん:

« おおきく振りかぶって Vol.5 | トップページ | 2005/11/23 »