« おおきく振りかぶって 4巻 | トップページ | 2005/7/23 »

萌えよ!戦車学校

その実体は実にオーソドックスかつ良質の戦車入門書。
戦車の基礎知識を得たければ、とりあえずコレを読めといった内容。
案外このレベルで平たくまとめた書籍は少ないので割と収穫だった。
問題は野上武志のイラストだが・・・ミニスカってのは狙ってんだよなあ。
この手の本を買う人間の嗜好を考察すれば、普通に戦車兵の戦闘服が一番キャッチーだと思うのだが、野上武志は自分が読者からどう見られているかってえことから逆算して演出してるよなあ。
なお、戦車戦ということで、当然ながらノモンハン事件にも触れられているが・・・
ここの挿入マンガであるキャラクターが暴れて、「てめえ辻、靖国に入れると思うなよ」と言っている。辻は戦死してないので靖国にゃあ入ってないハズだ。それに、これは最後まで陸軍大学校での席次でしか昇進/配置を決めなかった人事が悪いんだよなあ。前線じゃあ将兵に評判良かったんだから、大隊長でもやってりゃあよかったんだろうが。でも功名心が強すぎてムリか。
「戦いは数だよ、兄貴」など、有名ネタのパロディも多い。それと・・・魔改造戦車ならマガフよりむしろナグマチョン・・・は戦車じゃないか。

萌えよ!戦車学校―戦車のすべてを萌え燃えレクチャー
田村 尚也 野上 武志 野上 武志
イカロス出版 (2005/07)
売り上げランキング: 54
おすすめ度の平均: 3.5
2 萌えて、どうする?
5 軽さと楽しさのある戦車の本。

|

« おおきく振りかぶって 4巻 | トップページ | 2005/7/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/5122541

この記事へのトラックバック一覧です: 萌えよ!戦車学校:

« おおきく振りかぶって 4巻 | トップページ | 2005/7/23 »