« 2005/6/13 | トップページ | 2005/6/14 »

鏡の影

佐藤亜紀『鏡の影』を読了。
ドイツの片田舎レヴニッツから出てきた学僧ヨハネスは
錬金術師の叔父の影響で世界の成り立ちに興味を持ち、
真理を解き明かそうとして、各地を旅する。
彼はシュピーゲルグランツと名乗る不思議な少年と出会う。
少年は一つの願いと引き換えに、ヨハネスのすべてを引き渡す契約をちらつかせる。
なぜかストイックなヨハネスはその誘いを断りながらも少年と旅をする。
偏屈な騎士、街を支配する修道士マールテンなどとの争いの中で、
彼の知力は暴走をはじめる。

良かった。
確かに読みやすい『フーコーの振り子』といったところ。
何年も積読になっていたので、やっとこさ。
ある事情により入手困難であるこの本だが、
問題の某作品と比較すると暗澹たる気持ちになる。
まあ唯一、クライマックスシーンは向こうの方がハデだが。
だた、もし本当にこの作品からスピンオフして(曖昧な表現だw)
かの作品が生まれたのだとしたら、それもなかなか結構な才能であると思う。


鏡の影
鏡の影
po sted with amazlet at 05.06.14
佐藤 亜紀
ブッキング (2003/11)
売り上げラ ンキング: 90,901
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお 考えの方は定期的にご覧ください。
おすすめ度の平均: 5
5 「薔薇の名前」というより「フーコーの振り子」
5 待望の復刊です!

|

« 2005/6/13 | トップページ | 2005/6/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/4549057

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡の影:

« 2005/6/13 | トップページ | 2005/6/14 »