« げんしけん(in アフタヌーン8月号) | トップページ | 世界初のサイボーグ人間が誕生 米 »

トップをねらえ2! 3

エースであるラルクをライバル視するチコは、自らのバスターマシンを撃墜されてしまう。
おりよく数十年ぶりに新造されたバスターマシン「キャトフヴァンディス」の
パイロットになることを望むが、なんと候補には主人公ノノが挙げられていた。
そのころ木星周辺には宇宙怪獣の大集団「木星急行」が接近しており、
フラタニティは総力を挙げてこれを阻止しようとしていた。
機体操作の腕ではノノにかなわず、トップレスは誰も救えないと言い放ってしまうチコは、
宇宙怪獣が阻止線を続々と突破する中、キャトフヴァンディスの前でノノに
激しくその資質を問われる。

3話と言えば旧トップではスミス・トーレン死亡の回。
厳しい訓練を受けながらも、初めての実戦で多くの戦友を失い、
一気に奈落の底に突き落とされた回であった。
今回は、初めて宇宙怪獣の大集団が登場し、
バスターマシンが無敵ではないことがわかった。
「理論値-1兆2000万℃の世界では時間は過去に逆行する」の下りは、
衝撃で脳が凍りそうになったが、
木星そのものは影も形もない木星空域や、衛星都市の描写は良い。
小供達の無邪気さ、病床の少年のチコへの思い・・・非常に上手い。
リリカルかつ燃える。
かなり面白いのだが、なにせこれはトップ2である。
人類に存在する価値があるのか真っ正面から問い掛けた、SF大傑作の続編であると謳っているだけに評価が厳しくなる。
逆を言えば、私がトップに捕らわれていると言うことだけれども。
雪が重要キーワードとしてよく出てくるけど、なにか伏線かねえ。
今回、アバンタイトルがあったのも目先が変わって面白い。
えらくしっかりした作りなのは平松演出だからかなあ。
あ、そういや次回は庵野演出だったっけ?
ラルク、チコ、ニコラの三人がお菓子系と呼ばれているのは、
基地がハイエイトチョコだかららしい。
この時代でもまだあるんや、メガネチョコ。 Σ(゚д゚lll)
top2001
王立くさい宣誓式の映像。
top2002
ブリスターパックのキャトフヴァンディス。プラモデルだったエルトリウムへのオマージュだろう。
top2003
15年ぶりのバスタービーム対宇宙怪獣軍団。
top2004
真ん中の女の子がちょっと赤井孝美くさい。
top2005
次回予告、懐かしの宇宙怪獣ワープアウト。

トップをねらえ2! 3
トップをねらえ2! 3
posted with amazlet at 05.06.26
バンダイビジュアル (2005/06/24)
売り上げランキング: 37
おすすめ度の平均: 4.67
5 ハイクオリティとはこういうことだ
5 これは前作超えるかも?
4 感動!大感動!

|

« げんしけん(in アフタヌーン8月号) | トップページ | 世界初のサイボーグ人間が誕生 米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/4710854

この記事へのトラックバック一覧です: トップをねらえ2! 3:

« げんしけん(in アフタヌーン8月号) | トップページ | 世界初のサイボーグ人間が誕生 米 »