« チョコレート | トップページ | 2005/4/15 »

月に繭地には果実

 やっとこ読了。
 福井晴敏はなかなか多芸な人らしく、最初は硬かったがすぐに富野文体そっくりに変化して笑った。しかしそれも気がつかないうちに福井文体になっていた。考えてみればこれまでジュブナイルなんて書いてなかったんだから、苦労はしただろう。
 全滅エンドではなかったことにちょっと失望。終盤、バッタバッタと人が死んでいくので、こりゃ久しぶりに元祖全滅男の面目躍如か?とワクワクしたのでちょっと残念。富野ストーリーというのはわりと寓話的で、一時好きだったのだが寓話だけになかなかディテールに踏み込んでくれないので、もう18年は昔(逆シャアの頃)に飽きていた。まあしかし久しぶりには面白い。福井晴敏の文章も良い。
 もっと人間の深い闇の部分がドロドロしてれば富野も好きなんだけどなあ。

月に繭地には果実―From called “〓”Gundam
福井 晴敏
幻冬舎 (2005/03)
売り上げランキング: 3,067
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 予告も無く愛憎版とは!

|

« チョコレート | トップページ | 2005/4/15 »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGRANK | 2005/04/15 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/3709128

この記事へのトラックバック一覧です: 月に繭地には果実:

» 月に繭 地には果実 [活字中毒者の小冒険:本の海を漂うような場当たり読書人によ...]
月に繭 地には果実 福井 晴敏 幻冬舎 2005-03 http://tinyurl.com/55hnd 何の前知識もなく、この本を手に取った。 「亡国のイージス」の福井晴敏のことだから、そんなような話かと思った。 舞台はどうやら未来の地球。SFか。と思って読みすすめる。 どうやら、一時、世界が滅亡し、そのときに一部のひとびとは月に逃れたらしい。 ということを読んでいくと、とつぜん、∀(ターンA)とか、「ガンダム」という単語が出てきた。 おや? もしかしてガンダムの... [続きを読む]

受信: 2005/04/17 13:47

« チョコレート | トップページ | 2005/4/15 »