« 1980 | トップページ | キノの旅-the Beautiful world-廉価版 IV »

たそがれ清兵衛

明治維新直前の庄内藩藩士・井口清兵衛は50石の平侍で、労咳で妻を亡くし、娘二人と年老いた母を内職をしながら支えていた。いつも同僚とも飲みに行かず夕暮れ時に帰るその姿から、いつしか彼はたそがれ清兵衛と笑われるようになっていった。しかしある時、幼なじみの娘・朋江を巡り、朋江の酒乱の元夫と果たし合いをすることになる。真剣の相手に対し木刀一本で打ちのめしたその剣名は、はからずも藩内にひろまり、清兵衛はある男の上意討ちを下命される事となる。

まあなんちゅうか、悪くなかった。
かなり手堅い。それに見せる。さすがに映画というものがよく分かっている監督である。
主演の真田浩之の殺陣も見事ならば、宮沢りえの楚々としながらも芯のある武家の娘の演技も見事。俳優達は一人残らず見事な演技をしていた。
ただ、観ていて気が付いたのだけれども、これは時代劇を装った現代劇である。
現代、といっても70年代くらいのサラリーマンの感覚を、武士の社会に置き換えている。
故にえらくわかりやすいが、重みはに欠けた。
しつこいナレーションも、まあ親切なのだが、大いに興をそがれた。
しかしながらセットと役者の演技はすばらしい。
う~ん、85点。良い映画なんだが、ナレーションだけなんとかしてくれ。

たそがれ清兵衛
たそがれ清兵衛
posted with amazlet at 05.04.24
松竹 (2003/05/24)
売り上げランキング: 2,126
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.33
4 2人(真田広之・宮沢りえ)が好演
5 特典が多くてお買い得です。
5 たそがれ清兵衛

|

« 1980 | トップページ | キノの旅-the Beautiful world-廉価版 IV »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/3842778

この記事へのトラックバック一覧です: たそがれ清兵衛:

» 真田広之 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「真田広之」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ... [続きを読む]

受信: 2005/04/27 17:44

« 1980 | トップページ | キノの旅-the Beautiful world-廉価版 IV »