« 2005/3/14 | トップページ | 新しいスネ夫の声は »

月に繭 地には果実〈上〉 幻冬舎文庫

「終戦のローレライ」「亡国のイージス」等の著書で知られる福井 晴敏によるターンAガンダム小説。
とりあえず上巻だけ読んだ。抽象的なプロローグはともかく、出だしが硬い。
しかしそれもすぐにこなれてくる。しかも富野文体そっくり。
まあ本出すような作家なら、他人の文体を真似ることくらいたやすいのだろうけれど。
あんまりにも富野調なんで笑ってしまう。
それにしてもターンAって、こんな話だったのね。
黒歴史って、もっとトンデモでお笑いな代物だと思っていた。
パレスチナ問題に、とりかへばや物語ですか。
それなりに面白いが、まだどうなるか分からず。

月に繭 地には果実〈上〉
福井 晴敏
幻冬舎 (2001/08)
売り上げランキング: 305
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.5
4 福井晴敏の描くガンダム
5 福井晴敏さんが描く「ガンダム」ワールド
5 もう一つの∀

|

« 2005/3/14 | トップページ | 新しいスネ夫の声は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/3305684

この記事へのトラックバック一覧です: 月に繭 地には果実〈上〉 幻冬舎文庫:

« 2005/3/14 | トップページ | 新しいスネ夫の声は »