« Sankei Web 文化・芸能 「ちびくろ・さんぼ」復刊へ 東京の出版社が4月に(03/03 12:14) | トップページ | 2005/3/3 »

2005/3/2

朝、駅売店にてカロリーメイトゼリーとサンデーを購入。
昼食は富品にてサービスランチ(麻婆豆腐、豚肉と玉葱炒め)
夕方、ふたたび富品にて麻婆丼。
大丸閉店前に間に合うよう、いそいで事務所を出る。
心斎橋駅南口から降りて改札を出ると、目の前に大丸のB2入り口がある。
こんな早い時間にここを通る事は滅多に無いので新鮮な風景に感じる。
入ってすぐ目の前のエスカレーターを上がってB1へ。
つぼ市はこのまま突き当たり・・・なのだが、座標的にはここで振り向くと
レピシエだよなあと方向転換すると、はたしてすぐ横に、
明らかに一目でそれとわかる紅茶の店舗が!
女性客が注文している後ろをうろちょろと、不審な挙動で茶葉をチェック。
軽い違和感に眩暈を感じながらも、祁門とアールグレイを100gづつ買った。
帰宅したら、ペリカン便とは5分の差ですれ違い。
すぐさま電話を入れ、お茶の準備をしながら待つ。
はたして10分ほどでペリカン便はやってきた。
さっそく開封し、ポットを軽く洗って、すでに沸いていたお湯で暖める。
昔の勘で祁門をチィースプーンで適当にポットに放り込み、
お湯を注いでスポーツタオルで周りをくるむ。
2分半で色合いを確認し、“マグカップ”へ。

久しぶりに自分でいれたお茶は、軽く驚いてしまうくらいおいしかった。
ていうか、キーマンってこんなに美味いもんだったっけ?
馥郁たる香りを堪能。
明日はアールグレイのモイナハン神父風をしようと思っていたが、
しばらくは祁門を飲み続けたくなった。

レピシエは、心斎橋の東急ハンズ裏にティールーム付きの大きな店舗がある。
この日は急いでいたので地下鉄で帰宅するルート上の大丸に寄ったが、
今度は歩いて10分のこっちの店にいってみよう。
いつもチーズ買ってる店の近くだし、いろいろと無駄が無い。

軽く掃除しているうちに一日が終わる。

|

« Sankei Web 文化・芸能 「ちびくろ・さんぼ」復刊へ 東京の出版社が4月に(03/03 12:14) | トップページ | 2005/3/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/3154385

この記事へのトラックバック一覧です: 2005/3/2:

« Sankei Web 文化・芸能 「ちびくろ・さんぼ」復刊へ 東京の出版社が4月に(03/03 12:14) | トップページ | 2005/3/3 »