« 2005/1/31 | トップページ | 2005/2/1 »

ギャラリー・フェイク

最終回。
そうか~十五年も連載してたのか。
しかしかなりの傑作であると信じるギャラリー・フェイクの最終回にしてはあっさりしすぎ。
80年代の細野不二彦なら、こんなにあっさりとはおわらせなかったのじゃないかなあ。
「GuGuガンモ」「あどりぶシネクラブ」「Blow-Up」いずれもラストで物語にある程度の決着をつけていた。

|

« 2005/1/31 | トップページ | 2005/2/1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリー・フェイク:

« 2005/1/31 | トップページ | 2005/2/1 »