« 2005/1/19 | トップページ | 2005/1/20 »

終戦のローレライ 下 読了

たったいま読了。実によかった。今はただ満足。
2週間もかかってしまったが、その甲斐は十分にあった。
日本にも「女王陛下のユリシーズ号」に匹敵する小説があったか。
いやあ潜水艦はいいねえ。
まさにローレライだった。
パウラが時々ニュータイプ臭く書かれている所があり、朝倉大佐が逆襲のシャアに見えてくるのは、作者が強度の富野ファンであるからにはしかたがないのだろう。
しかしこれ、どこまで現実と一致させているんだろうか?
実際に昭和20年8月3日に軍令部一課長は変わっているんだが。
装丁が美しすぎる本でもある。
長い物語を読み終えた後、表紙をほれぼれと眺めてしまう。

終戦のローレライ 下
終戦のローレライ 下
posted with amazlet at 05.01.21
福井 晴敏
講談社 (2002/12/10)
売り上げランキング: 1,563
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.76
5 祖父たちへの追悼
4 平和のエンブリオとしての「ローレライ」
5 是非、勢いをつけてトライして下さい!

|

« 2005/1/19 | トップページ | 2005/1/20 »

コメント

そうですか匹敵しますか。
是非読んでみようと思います。

投稿: 草壁 | 2005/01/26 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73831/2644734

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦のローレライ 下 読了:

« 2005/1/19 | トップページ | 2005/1/20 »