シン・エヴァンゲリオン(整理中)

映画内で特に伏線はない。素直(?)な構成。
心情変化がある場合には対象キャラの表情がアップになるなど、わかりやすい演出。
ゲンドウがよく喋って真情吐露する
なのになぜか主人公であるはずのシンジの心情表現が薄い。
特に立ち直ってからヴンダーに乗るところの心境変化。
唐突な「土の香り」というセリフ。
破からの伏線になっている。
しかしわかりやすい映画にするんなら、ここカジさんの追想シーンあっても良かったのでは?
アスカの扱いは旧劇と新劇は対になってる。
旧劇で廃人化したアスカをシンジはどう扱ったか。
新劇で落ち込んだシンジをアスカはどう扱ったか。

シン・エヴァンゲリオンを見た後で破を見ると、驚愕するシーンが多い。
あれもこれも、すでに出ている。

テーマとして、トップをねらえ!からの焼き直しも多い
友人との時間のズレ。これはのキミコの焼き直し。
再生水も寿司に指輪ネタといえばそうだがまあこれは薄い。
寿司に指輪ってサントラに入ってたんだっけか?

母親、ツンデレ、ヤンデレが揃ってるところに外部から来たキャラ
かっ攫っていくってのも、構造上まあそうなるよなというかその為のキャラだから。

私はTV版はちゃんと完結していたと思っていて、当時、最終2話は深夜3時くらいに
麦酒片手に録画を見て、キルケゴールにカントかよギャハハハハと笑ってた。
特に線画で自己と他者がなんてのは3年前の1992年に押井守監督のTalkingHeadですで
に見ていたし。

劇エヴァは、映像は素晴らしいけれど、監督の中で完了しとらんやんけと思った。

Qは当時、こりゃミスリード狙ってんなと思ってツイを遡るとそんな事書いてた。
あれはシンジの心象映画だったのだね。

マリの背景はなんやねん。研究室同期のヨーロッパクローンなのか何なのか。
渚司令ってなんやねん。
あとなんでアスカの目からFLCLやねん。

明るい農村には私は否定的である。
ツッコミどころがあるのではなく、ツッコミどころしかない。
あれほとんど「驚くべきことに新聞すら配達されてくるのである」世界だから。

しかし正直、エヴァンゲリオンが完結するとは思わんかった。
風呂敷は見事に畳まれていた。
びっくりやね。

シン・エヴァで一番響いたのは、撃って介抱しようと考える劇重鈴原さくらと14年間髪伸びっぱなしの綾波レイ。


エヴァが終わって、やっぱり一番好きな庵野監督作品は「トップをねらえ!」やね。

Image

| | コメント (0)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

事前情報は義手の代書屋の女性の話ってくらいで見に行った。

45分くらい見て、これは監督も脚本も度胸あるなあと思った。

映画は映像であり、物語が全てではない。

いい映画だった。

1時間を超えたあたりで、あ、これランボーだと気がついた。

| | コメント (0)

2019年6月以降に見た映画

■見た映画

ガルパン最終章2

天気の子

空の青さを知る人よ

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

1917

SHIROBAKO

パラサイト

| | コメント (0)

きみと、波にのれたら

2019/06/23 TOHOシネマズなんばにて鑑賞

Kiminami 多忙により事前情報は全くなし。ただtwitterで湯浅監督の新作をやるというので見に行った。

序盤からあきらかに湯浅演出なんだが、リア充のイチャコラを見せつけられ、俺は一体何を見に来たのかと思ったが、中盤から話が走り始める。もらうだけ、と思ってた人が実はバトンを渡していた。助け、助けられ、思い、思われ、自分のことも、他人のことも決して見えてはいない。だけれども意外と見ている人がしっかり居たり。

なんというか、湯浅監督の作品は構成がしっかりしていて良い。「四畳半神話体系」の終盤で、すべての伏線がバタバタとたたまれて行ってキレイに閉じたときには、思わずTVの前でうへえと声を上げた。

花火集団がちょっと四畳半っぽいな〜と思いながら見ていた。

二人でちょっと笑いながら歌うシーンが、LALALANDっぽくあったが、いいシーンだった。

脚本の吉田玲子、上映されてるガールズ&パンツァー最終章もやってるし、良作名作傑作を量産してる。

奇しくもこの日、水関係の映画を二本見たことになった。この映画、デートで湘南に行くし。

 

| | コメント (0)

海獣の子供

Kaiju 2019/06/23 TOHOシネマズなんばにて鑑賞

すばらしい映画だった。まさに映画、言葉ではなく映像で見るものの内面に変化を及ぼす作品だった。見どころは、と聞かれて答えられる映画は、映画である必要がない。言葉で伝えられないものを伝えるから映画にするのだ。

映像は本当に美しい、演技も良い。なにより五十嵐大介の絵が動いてるのがすごい。途中、アングラードが飯作るシーンで、そういや五十嵐大介、食事シーンもよく書いてたなと思い出す。

ただ後半の構成にやや疑問な点もあった。

これなあ、正直、映画館で見ないと意味ない、まさに”映画”だから、家で50インチの画面で7.1ch環境でも意味がないんだよなあ。ソフトは買うけど・・・う〜ん。20年前、ワンルームマンションでホームシアター構築した経験があるから音はある程度行けるのは確信しているのだが、画面はなあ、それだけの壁を用意するのが難しいのだ。

あと久しぶりにSTUDIO 4℃製作の映画を見た。「スプリガン」「アリーテ姫」「マインド・ゲーム」「鉄コン筋クリート」以来なので、13年ぶりか。ベルセルクとハーモニーが絶賛デスマーチ中で行けなかったのよね。

蛇足

・惑星が受精して細胞分裂するってアニメのシーンが記憶にあるんだが、なんだったろうか。

・受精のメタファーが何箇所かあったのにヒヤヒヤした。

・見ながら、パンスペルミア説〜などと脳内で単語が湧き上がってくるので困った。

・内容的には80年代に流行った思想なんで、通り抜けてきた世代としては面白かった。

・クレジット見て、父が稲垣吾郎であることに気がついたが、ゴローちゃんが演技がうまいのは知ってるので、驚きはない。

| | コメント (0)

プロメア

Promea 2019/06/22 あべのアポロシネマ8にて鑑賞

グレンラガンにキルラキルを足して、パンティ&ストッキング、マジンガーZ(プールが割れてロボが出るところ)、ゲッターロボ(火星開拓用ロボだから)をふりかけた感じか。

面白くはあった。ただ、ちょっと趣味の範疇からは外れていた。根本的に、気合でなんとかする話はだめなのだ(除く、島本和彦)。

私はグレンラガンは好きだった、最終回以外は。特に終盤、偽りの人生から脱出する下り、ヴィラルの「俺も、甘い夢を見たものだな」の辺りは大好きだ。で、なんで最終回がだめだったかというと気合と根性で乗り越えていく話が基本的に趣味じゃないから。種もまいてないのに大木成ってるんだもの。キルラキルは最後まで実に良かった。パンティ&ストッキングは最終回までBD買う気だったが、やめた。これは上記の理由とは違うけど。いや、堕天使が裏切るて。

堺雅人は、自分が信じていることを喋っている時と自分が信じていないことを喋ってるときの違いを、声の演技に乗せられる人なので、まあ素晴らしいよね。今回も最初っから胡散臭い声を出していた。松山ケンイチはちょっとガラッパチさが足りんかった。カミナの兄貴の小西克幸がハマりすぎていただけかもしれないが。

| | コメント (0)

«ガールズ&パンツァー最終章2章